毎年恒例、既に意地になってる「SAW」シリーズ鑑賞の季節がやってきました。
鍋が食べたい、冬のアウター買わないと、ブーツ…。など冬のはじまりを感じさせるものは色々あっても、一番大きいのは「SAW」なんです。

main_large


大ヒット・スリラー「ソウ」シリーズの第6弾。前作でFBI捜査官のストラムが死体となって見つかるが、指紋が検出されなかったことから殺人鬼・ジグソウの後継者はストラムではないかという憶測が立てられる。しかし、ストラムの上司・エリクソンは刑事ホフマンを疑って接近していた。監督はシリーズを通して編集を担当してきたケビン・グルタート。


「SAW6を観にいく」というと「あれってもうそんなにやってるの!?」という返答を得たり、予告で「SAW6」が流れると「まだ続けてるんだ…プークスクス」という嘲笑が聞こえなくも無い(被害妄想)この作品。興味がある人がどこまでいるかわかりませんが、一応たたんでおきます。続きを読む