横浜でこれを見ました。

『ゴス展』
goth

ゴス/ゴシックとはなにか
音楽やファッション、映画、小説など、現在、様々なカルチャー・シーンでゴス/ゴシックと形容される現象がある。本来は中世ヨーロッパの芸術様式を指す言葉でありながら、今やスタイルを超えて、ある種の生き方を示す用語としても機能している。



気になる映像作家、束芋の作品はいまいちピンとこなくてちょっと残念。
私は美術のこととか知識がまったくないので、見ててわーーーってなるのが好き。当たり前かもしれないけど、ネーミングだけで間違いなく好きっていうのは美術においてありえないかも。

初めて知りましたが、ピュ〜ぴるという方が良かった。
チェックチェック。




ゴスといえば、

『GOTH』
otu

なんか、いままで読書がしなかった人に、本を読むきっかけを与えた作家って、石田衣良と乙一がダントツな気が。
少なくとも、私の周りには多いです。

面白かったけどはまる予感は無さそう。





そういえば、
この前嶽本野ばら先生を代々木で見かけた気がするんだけど
やっぱ気のせいなのかな……。

二の腕界の女王、フカキョン。演技うまいって主張したい。
いや、本当レオ様と一緒でもっと評価されるべきです。

『下妻物語』

下妻

好きなものは、ファンでいるのが一番の贅沢。
そのとおりだけど、私は手に入れたくて仕方がないよ。