試写会で鑑賞。
完パケ前のDVD試写だったので、谷原さんの肝心なセリフなどが聞き取れないトラブルもあったけど、全体的に(思ったより)ちゃんと観れましたよ。

のぞみ


 過去のトラウマにより自分以外の全ての人に心を閉ざし、他人は利用することでしか価値を見出せないと考えている17歳の女子高生、理央(佐々木希)が、運命に導かれるようにある大学講師と出会い、人を愛することの意味を知り、再生、成長していく姿を描いている。


本当、トラウマ、レイプ、いじめetc…。ケータイ小説の最強コンボって感じなんですけど、この映画はそこまでドロドロしてなくて嫌悪感が無かった。佐々木希、谷原章介はもちろん、今話題の山本ひかるも出ててキャスティングはよかった。

前半希ちゃんが超棒読みなんだけど、もともと感情の無い女の子の役だから別にオッケーだったし、先生のことが本当好きで好きで仕方ないって感じは可愛かった。あと、ポスターにもあるけど背中ヌードとかキスシーンがあるから希ファンは絶対見にいくべき。内容は男性にはキツイかもですが。

映画のタイトルの出し方とか、文字の使い方がちょっとだけウォン・カーウァイの「マイブルーベリーナイト」を意識してるのかと思ったけど、それも一瞬だったな。若い女性が撮っているという点で、キラキラして可愛かった。

まあ、言ってみればあり得ない話だし、登場人物が希ちゃん大好きすぎだし、基本性善説だし、つっこみどころは多いですけど、「恋空」とか「赤い糸」よりははるかに大人が楽しめる映画だと思います。