推敲しない言葉

本・映画・音楽の、推敲しないそのままの記録。

舞台

イキウメ「The Library of Life まとめ*図書館的人生(上)」

劇団「イキウメ」の新作、観てきました!

イキウメ「The Library of Life まとめ*図書館的人生(上)」
the_library_of_life_b
日常の裏側に潜む異界を描く、気鋭の劇作家・前川知大とイキウメによる最新作です。劇団結成より今年で10年。10年目の最後の公演は、オムニバス形式の短篇シリーズ「図書館的人生」から、選り抜きと新作を織り交ぜての上演となります。「図書館的人生」では、これまで、「Vol.1 死と記憶に関する短篇集」(2005)、「Vol.2 盾と矛」(2008)、「Vol.3 食べもの連鎖」(2010)、と3作全13本の短篇を上演。ハードSF、スラップスティック・コメディ、オカルト・ホラーなど、カラフルに並べたショーケースであり、実験の場でもある、劇団のライフワークともいえるシリーズです。

開始直後はすぐに世界観を理解できずに戸惑ったのですが、徐々に分かっていくにつれ「どうしたらこんな発想が出来るのだ」と呆然としてしまいました。

今までイキウメの公演は、「図書館的人生 Vol.3 食べもの連鎖」「侵略する散歩者」「太陽」と観たのですが(他作品はDVDで鑑賞)、やはりはじめてみた「図書館人生」の印象が強烈で、今回こうして“まとめ”が観れて嬉しかった。

演劇でも映画でも、何でもこれが正解ということは無くて「結局は好みの問題」って言葉に尽きるのだけど、イキウメの公演は全て私の好みど真ん中クリーンヒットそれでいて驚かされていつも違う発見が出来るので、なんていうか大好きですとしか言えません。

今回登場する「図書館」には色々な人の人生がまとめられた本がたくさん並んでいて、人々はそれを読みながら「こっちの結末のがいいじゃん」とか「終わりはどうなるんだろう」とか色々なことを思う。

もし、自分の人生が書かれた本をそこで発見してしまったら、未来のことが分かってしまうページを開くのだろうか。そして、その本を開いて読んだ瞬間「この本を開いて読む」という記述はリアルタイムで発生するのだろうか。また、自分が死んだときに“無”を感じるのか。でも感じたとしたら、その感じてる存在があるわけで、完全な無ではないのではないか。

そういった、合わせ鏡の様に延々と続いていく疑問がとにかく面白くて、あっというまに時間が経ってしまう。

あ、SF要素もホラー要素もありますが、それらが苦手な人も全く問題ありません。深いのにポップ、“少し不思議”でいて“だいぶ不思議”。でも笑える。そんな言い表せない魅力があって、<下>の公演も今からとても待ち遠しいです。

Kiramune Presents リーディングライブ『鍵のかかった部屋』

行ってきた!

Kiramune Presents リーディングライブ『鍵のかかった部屋』
title

声優さんによるリーディングライブは初めてでした。

貴志祐介の原作は未読、嵐・大野くん主演のドラマも未見だったのですが、興味沸きました。
読んでみようかな。

ミステリーなのでどうしても説明が長くなりがちで、朗読劇にはむかないかもしれないんですが、舞浜アンフィティシアター(前ZEDやってたところ)の雰囲気と舞台のセットが合ってて格好良かった。また行きたいなー。

ちなみに、浪川大輔さんは雨男らしく、当日見事に雨でした。

鍵のかかった部屋 Blu-ray BOX
鍵のかかった部屋 Blu-ray BOX
クチコミを見る

散歩する侵略者(劇団イキウメ)

舞台というのは公演期間が短いので、観終わった後に感想をブログに書くことをしていないのですが(そもそも年に4本くらいしか観ない)、先日行ってきた舞台「イキウメ」の公演が良かったので記録しておきたいと思います。

「散歩する侵略者」
img20070914_p

日本海に面した小さな港町。
大陸に近いこの町には同盟国の大規模な基地がある。
この国にとって戦略的に重要な土地だ。
加瀬真治は、地元の夏祭が終わると性格が一変していた。
今までの記憶を失くし、町の徘徊を始める真治。
夫を介護しなければならなくなった妻の鳴海は、新しい生活に戸惑う。
町に事件が起きる。
それは老婆が息子一家を刺殺した後、自殺するという凄惨なものだった。
同じ頃、海岸線では町の人々が奇妙な光を見る。
そして、真治は鳴海に告白をする…。

劇団イキウメの存在は、演劇好きの方から教えていただいて、昨年「図書館的人生Vol.3 食べもの連鎖」を観て知りました。

そしたら、なんと後から偶然にも会社の先輩の幼馴染が所属俳優さんだという事が判明し、今回の「散歩する侵略者」のチケットも、お願いしてとっていただきました。(※ナカジさんありがとうございました!)

もともと演劇に明るくないので、全くの初めてだった「図書館的人生Vol.3 食べもの連鎖」がとても面白く、年末に主催の前川大知さんが演出を務めた、「抜け穴の会議室〜Room No.002〜」も観にいったもので、どうしても今回も観たく、でも立ち見が出る大盛況という事だったので、本当観にいけて良かったです。

TBSラジオ「宇田丸のウィークエンドシャッフル」で、宇田丸さんやスタッフが大プッシュしていたみたいですね。

全体的にSF(すこし・ふしぎ)で、物語の中盤までは謎だらけ。そして最後には感動させられて、最初から最後まで素晴らしいストーリー展開で、ちょっとびっくりするほど面白かったです。

3日間行く不明で、帰ってきたら性格が一変し、子供の様になってしまったサラリーマンの“真ちゃん”に一体何が起こったのか、何で変わってしまったのか、説明が一切されない為、観客側は奥さんに共感し、恐怖と苛立ちを感じる。

だんだん謎が解けてくるのだけど、その“分かってくる”スピードが、劇中のキャラクターと観客がほぼ同時というのも面白い。「これは何なのだ、彼は何者なのだ」というのが、「こういうことか!」と分かっていく瞬間が、隣にいるお客さんと共有できた感じがして、これは演劇でしか味わえない幸せな感覚だと思いました。

daihon
前川さんと黒沢清監督の対談が載っていたので、思わずシナリオも購入。
これから読んでみます。

裏切りの街

久々のブログは、久々の舞台で。

「裏切りの街」
Ci100601174133


25歳のフリーター・裕一(田中圭)は、携帯電話で異性と話すサービスを通じて知り合った40歳の主婦・智子(秋山菜津子)とホテルに行く関係をだらだらと続けていた。裕一には同棲している恋人(安藤サクラ)が、智子には夫(松尾スズキ)がいるのだが、半年後、智子は妊娠し、二人の関係もバレてしまう…。


予備知識を全く持たずに観たので、前後編に分かれる時間の長い舞台である事、監督がポツドール主宰で映画「ボーイズ・オン・ザ・ラン」の三浦大輔である事なども知らずに鑑賞。

田中圭くんが役にピッタリとはまっていて良かったです。あと安藤サクラさんはうっとうしい女性を演じるの本当スゴイです。

内容は、テレクラで出会ったニート(もはやフリーターでもない)と、貞淑な主婦が体の関係をだらだらと持ち続け…。ってので、私は経験無いけど、なんとなく気持ちが分かった。

絶望的に寂しいからとか、心に闇を抱えてるからとか、相手が自分を愛してくれないとか、明確な理由があって浮気をする人なんて、実はそんなにいない気がしてます。浮気相手に対してだって、運命を感じたとか、どうしようもなく好きになってしまったとか、そんなのって一部な気がする。

2人でいる理由はただ、1人だと暇でつまんないから。とことん、そこを描いていたので興味深かったです。

そして、峯田のブログを読んで、生歌披露の時とかあったんだって驚いた!それかなり贅沢ですなあ。

お客さんは女性がほとんどだったけれど、あれは田中圭くん目当てなのか、松尾スズキ目当てなのか、熱狂的な峯田ファンか、どれが一番多いんでしょうね。

CIRQUE DU SOLEIL(シルク・ドゥ・ソレイユ)/ZED

舞浜にできた、CIRQUE DU SOLEIL(シルク・ドゥ・ソレイユ)東京シアターで、「ZED」を観てきました。※トライアル公演中。
zed


CIRQUE DU SOLEIL(シルク・ドゥ・ソレイユ)/ZED

じゃじゃん。
感想は一言、「レベル高すぎるだろ…!」
オープニングがらひきこまれっぱなし。人間の体と布一枚あれば、こんなに美しいものが作れるんだなあと詠嘆もれっぱなしでした。
感動です。

オープン前とあって建物もきれいだし、オフィシャルグッズとかも洒落てるからおみやげにもばっちりな感じでした。

あと、意図的にやってるのと思うんですが、開演のアナウンスが「10分前なのでお急ぎください」の一回だけなんです。そのあとは、うるさく「はじまりますよー」的なアナウンスが一切ない。
なので、余計な言葉とかを聞くことなく、舞台の余韻を味わったまま休憩に入れたのが個人的に心地よかったです。

絶対一度は行ってほしい!


--------------------------------------------

最近聴いている音楽をば。
もう、ピコピコ系、ヤスタカしか聴いていません。ほぼ。
フューチャーポップにうなされています。

LIAR GAME (ライアーゲーム) サウンドトラック

秋山さ〜ん。

PRECIOUS(初回限定盤)(DVD付)

改めて、野田凪さん合掌です。

DOWN TOWN

はっぴぃえんどの「風をあつめて」が本当良い。

悪夢のエレベーター

観たい舞台があったけど、チケット売り切れてる様子。
akumuno

「悪夢のエレベーター」

狭い密室空間“エレベーター”が突然停止して、知らない人間と閉じ込められたら……しかも、その乗り合わせた他人が妙な人間ばかりだったとしたら…? そんなシチュエーションでどんでん返しが連発する、展開が予測不可能な小説が『悪夢のエレベーター』だ。大阪出身で自らも“劇団ニコルソンズ(旧劇団名は “チームKGB”)”を主宰する作家・木下半太による、このコメディサスペンス小説を、たけし軍団のダンカンの演出で舞台化することになった。
 出演は、自ら作・演出する“フキコシ・ソロ・アクト・ライブ”を定期的に上演し映像でも幅広く活躍している吹越満、ここ最近はラーメンズ本公演以外の舞台出演も顕著な片桐仁、そして蜷川幸雄演出作品やダンカンが監督した映画にも出演している中村倫也、映画やCMだけでなく舞台でも活動し注目を集めている高橋真唯。
 小説とは違う、舞台ならではのおもしろさと怖さも加わり、トンでもない展開の連続にゲラゲラ笑わされつつも、意外な事実がわかってくるにつれて背筋がゾーっと寒くなる、そんな体験ができそう。演出を手掛けるダンカンと4人のキャストに、今回の舞台への想いを聞いた。


うーん。おもしろそう。
原作も良かったです。
ギリジンだし。

私舞台は、年に数回見ますが、別に演劇好きじゃないです。
むしろミュージカルとかニガテ…。(なぜ突然歌いだす?)
でも、できるだけ積極的に見たいとは思ってます。映画と違ってその一瞬しかその演技を見れないし、ミスが許されないあの雰囲気を感じたくて、出かけます。ただ、チケットが高いことが多いからきつい…。野田MAPとかまたいってみたいなあ。

---------------------------------------

今週のイケメン。
ハイキングウォーキング、松田。
matuda


やっぱちょっと、病んでる風の男子が好き。
精神がじゃなくて、リアルに病弱そうな男子が…。
profile
東京で働く28歳。ライターをしています。

2012年ベストムービー
2011年ベストムービー
2010年ベストムービー
2009年ベストムービー はこちらから。
  • ライブドアブログ