推敲しない言葉

本・映画・音楽の、推敲しないそのままの記録。

雑誌

madame FIGARO japon (フィガロ ジャポン)

美容室とか待合室とかって普段読まない雑誌を、じっくり読めるので好きです。
で、最近これを読んだのだけど、ちょっとびっくりするくらい面白かったので記録。

madame FIGARO japon (フィガロ ジャポン) 2011年 08月号 [雑誌]
madame FIGARO japon (フィガロ ジャポン) 2011年 08月号 [雑誌]
クチコミを見る
ロンドン最新ガイド。

世界中が祝福したロイヤルウェディング、来年にはオリンピックも控え、ますます元気いっぱい!
空前の面白さと刺激に満ちたロンドンを徹底ガイドします。
若いエネルギーが息吹くイーストサイドを皮切りに、全域、全ジャンルのマスト・ゴー・アドレスを隈なくキャッチ。
ストリートカルチャーの発信地ならではのユニークショップから王室御用達まで、さらに、もうロンドンはマズいなんて言わせない、
綺羅星のようなスターシェフたちのグルメ店、ホテルの最新情報も大充実。
特大ボリュームの1冊に、いまのロンドンのすべてが詰まっています。

ロンドンに行く予定があるわけでも、数年で訪れたいマストな場所にリストアップしているわけでもないのですが、今すぐ行ってしまいたいほど、そそられる記事のオンパレードだった。写真・レイアウト・文章が「ほーら、いいでしょー?オシャレでしょー?」とおしつけているわけでもないのに、主張があってよかったです。

私はもともと雑誌がすごく好きなので、昔ほどではないにせよ、今でも一通りはチェックしているつもりですが、雑誌というポジションである以上、文章が分かりやすく、読みやすくてはならないと思っています。デザインに凝りに凝ったオシャレすぎる雑誌はディスプレイとしては良いのでしょうが、“雑誌”じゃないよねってことで。雑誌って何かね、誠意って何かね(北の国から'89帰郷)。

この、オシャレなのはいいのだけど本来の目的でいうと…という現象については、佐藤雅彦著「毎月新聞」がに面白い文章がのっています。佐藤雅彦さん自身の失敗例として紹介されているもので、これについては今度ブログに書いてみます。

で、話は戻って「madame FIGARO japon」で知ったのが、UKで今大注目を集めているというトレーシー・エミンという女性アーティスト。よそ様のブログの記事を拝借しますが(「トレーシー・エミン展」By The Thames -ロンドンの風-)、気になります。絶対に見てみたいですいつか。

最近、雑誌「GINZA」も良い記事や特集が多いと聞きます。
会社の元編集者の方にそれとなくお話ししたら、外誌が頑張っているみたいですね。
このところ、追いかけている雑誌ってほとんどなかったのですが、また雑誌熱再燃しそうな予感です。

あ、ちなみにこの「madame FIGARO japon」、各アーティストおすすめの本と音楽の紹介の小特集も素晴らしかったです。特に気になったのが、くるり岸田さんのプレイリスト。竹内まりや「家へ帰ろう」が最近のお気に入りの様です。

Expressions (通常盤)
Expressions (通常盤)
クチコミを見る

男と暮らす

ananをコンビニで流し読み。
特集は「男と暮らす」。

玉木宏が家にいたら、食事もままならそうですが、
何よりコラム欄にあったカジ君の文章が気になった。

カジ「男と暮らす、と聞いてぱっと思い浮かぶのはケイト・モスの顔」

思いつかねーっ!
カジくんどんだけおしゃれなんだよっていうね。
それだけの日記です。

世界の絶叫マシーン

という特番を観ました。昨夜。日テレで。
アンチでもなんでも無く、特に毎年何もしないでいることが多いクリスマスです。クリスマスとお正月の人混みはけっこう苦手です。

ただ、NYのクリスマスとかは死ぬまでに一度経験してみたいとは思います。
ホームアローンみたいに、プレゼントたくさん抱えたり。
クリスマスから、ニューイヤーに続くあのお祭り感はうらましいなあ。
でもでも、日本で、クリスマスにまったく関係ない牛角とかのお兄さんがサンタさんの帽子かぶって騒いでるのも、また味があるなと最近思うように。
スーパーのお惣菜に申し訳程度に、ひいらぎの飾りがくっついてるのも平和っていうか哀愁感じますね。

ところで、会社のお姉さまにプレゼントもらいました!
フォーチューンクッキーと入浴剤。
入浴剤はそっこー使ってしまった為、写真がありません。

ザックザク


あとは、前から欲しいと思っていたDVD(スクールオブロックとアイアンジャイアント)も他の方に買ってもらいました。ありがとう!
雑誌は、自分で買いました。
DVD、雑誌…こうして並べると、高校時代に戻ったようなラインナップ。

美手帖とか普段買わないけど立ち読みしたら内容が良さそうだったので。
「invitation」がコーヒーと本特集。本当この組み合わせは鉄板で何回この特集の雑誌買ってるんだと、うんざりするけどまた買ってみた。

そろそろ、2008年観た映画の総ざらいをしよーっと。

雑誌の付録3

5/8(木)放送の「ズームイン!」でも特集していましたが、女性誌の付録が本当にすごい。

「女性誌の付録がうらやましい」

この記事にもあるとおり、バッグ・ポーチ・鏡と、実用的なものは雑誌買えば全部そろうんじゃないか?っていうほど。

女性誌の付録って昔からあって、(今は超加速中だけど)
私が中学生の時なんかは、CUTIEとかにかわいい付録がついてても、クラスのみんなとかぶるから使えなかったものです。
でも今は、毎月いろいろな雑誌に付録がついてるからそこから本当にほしいものを選択できるんですよね。

ポーチとかやっぱり布薄いし、鏡の質も悪いけど、でもデザインとかちゃんと凝ってて、限られた予算の中で制作してくれるメーカーさんは本当すごいと思う。

私が好きな付録は「VOCE」のやつ。
化粧品のサンプルもいっつもたくさんついてて、ホクホクします。



これは、雑誌の付録じゃないけど、Ecoイベントで販売されたギャル社長藤田さんデザインのエコバッグいただきました。

エコバッグ
Powered by PICS


包装もうし柄で、中身はピンクのうし柄。

ギャル社長のエコバッグ ピンク
Powered by PICS



ペットボトルが倒れない工夫とかもされてて、便利そう!
ただ、コンビニって袋づめしてくれるからなかなかエコバッグって出しづらいわよねえ…。

オザケン有理

とりあえずメモ。




カフェオレボウルをヘルメットに!




※私はオリーブは苦手でしたが……。

旅行の教科書3

少し前に、中目黒「COW BOOKS」で、昔の宝島を買った。





「植草甚一とニューヨーク特集」

私は、自分で絵を書いたり、文章を書くよりもコラージュで表現するのが大好きです。
植草甚一先生自体は、絵も文章もうまいんですが、コラージュ作品が多いので勝手にシンパシーを感じています。
(あと、大竹伸朗さんとかも)



雑誌の記事内で、航空券や美術館のチケットがベタベタはられている装丁もイカしているし、現地で買ったへんてこなものの紹介も楽しい。
「ニューヨークの心得」の中に、「メンズノンノに書かれている観光スポットを信じるな」という文があって、今も昔もやってることはかわらないなあと可笑しかった。
(この宝島は、私が生まれる前のもの)



ニューヨークに行く、と女友達に言った時、
「SATCめぐり?」
といわれて固まりました。(なんですか、それ?)
そうしたら、「SEX AND THE CITY」の撮影スポットめぐりがはやっているらしい。


もうちょっとギャルいこと、勉強します…。
一応モテ系目指してるんですが…。
(おろちとか買うのやめようっと)




















あの子は綾波レイが好き

久しぶりに、コンティニュー買いました。

コンティニュー

コンティニューvol.35


もちろん目当ては………。

感激の初対面スペシャル対談
林原めぐみ×加藤夏希 !





最近CDも出していないようですし、メディア露出がほとんどない林原めぐみさんを久々に拝見しました。
美しいですね。造形美だけでは語れない美しさだと思います。
アイドル声優(平野綾ちゃんのブログは購読している)もいいけど、
林原さんは偉大だな、と。



綾波が一番人気あるのかもしれませんが、私はやっぱり「チンプイ」のエリちゃんが一番好き。



EDテーマもいいないいなあ。
もちろんiPodに入ってるけど。




はー。アニメもいいなあ。

広告批評 表現者たち−女の巻3

読んだ。


『広告批評 表現者たち−女の巻』

top


各クリエイターによる、
「新年スペシャル企画 新春広告あそび」
目当てで購入。

枡野浩一さんの、ドラえもん短歌の広告に感動。
「ドラえもん短歌」を読んでおこった、ちょっと不思議なちょっと温まる日常のヒトコマをmixiに書いたユーザーがいて、
その日記をそのまま転載するという広告。
※もちろん本人承諾済みとのこと。
※そして、私の表現が下手。実際に見てみてください。


これは、映画や最近では携帯小説の帯に多い、

「号泣しました。 18歳/予備校生」
「あたたかな気持ちを思い出しました。 25歳会社員」

なんていうものの進化系かな、と思います。




「ドラえもん短歌」、全部本当に本当に良いのですが、



スネ夫なら 旅に出ました 「お金持ち」
以外の アイデンティティーを探しに




これはかなりグっとくる。

profile
東京で働く28歳。ライターをしています。

2012年ベストムービー
2011年ベストムービー
2010年ベストムービー
2009年ベストムービー はこちらから。
  • ライブドアブログ