毎年なんやかんや記録している、今年の映画記録。
今年ほっとんどブログを書いてないので、個々の感想は無いのですが、個人的に好きだった映画を決めてみます。お仕事含め観たのはたぶん70〜80本。

2013年、私が一番好きだった映画はこれ。

jp-pub-photomain-rev-gvty_large

■1位:ゼロ・グラビティ
■2位:パシフィック・リム
■3位:地獄でなぜ悪い
■4位:シュガー・ラッシュ
■5位:モンスターズ・ユニバーシティ
■6位:凶悪
■7位:劇場版 魔法少女まどかマギカ[新編]叛逆の物語
■8位:マッキー
■9位:クロニクル
■10位:ウォール・フラワー


今年一番燃えたのは『ゼロ・グラビティ』。宇宙がね、嫌いなんですよ。壮大すぎて恐いじゃないですか。子供の頃とかね、ずっとブラックホールに飲み込まれるっていう妄想が止まらなくて夜寝る時に怯えてたり(ちなみに次点では落石注意の交通標識がすごく嫌い)。

そんな宇宙でひとりぼっちになるってんで、予告編観た時「うわ、ぜってー観ねーわコレ」って思ってた作品だったんですが、評判の高さ、監督の過去作品が好きだった、周囲からの猛プッシュをうけて観に行ったわけです。

宇宙、ヤバすぎ。

観てる間ずっと手汗びっしょり。どうやってこんな映像撮ったんだ? 色々な事を思いましたが、そんな事より何より、まっすぐ感動出来る作品でしたね。生涯ベストワン「Thank You.」でしたね。この映画に関わった全ての人にありがとう!

あとは今年は劇場で何度も観た作品が多かったです。『ゼロ・グラビティ』も『パシフィック・リム』も『地獄でなぜ悪い』も『シュガー・ラッシュ』も『まどかマギカ』も。私は気に入った作品は結構円盤買っちゃう派ですが、劇場で何度も観るっていうのは本当贅沢だなあ。

この10作品以外だと『きっと、うまくいく』『横道世之介』『ジャンゴ』が好きだった。東京国際映画祭で観た日本公開未定のキム・ギドグの新作『レッド・ファミリー』は、めっちゃくちゃ良かったのですが、未公開ということで外しました。公開されてたら5番目くらいに好き。

自分で言うのもなんですが、私って超ごく普通の感性を持った映画好きなんだなーと感じたランキング。ね、めっちゃ普通だろ?

ちなみにワースト1位は『劇場版ATARU』かな。来年はもっとたくさん映画観るぞー。

↓いろんな所で話題になってましたが『ゼロ・グラビティ』観た人むけの動画。う〜ん、このセンス。