無事観ました。私達が今生きているのはまどかのおかげ。

「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 後編 永遠の物語」
original

2011年に放送されて大きな話題を作り出し、第16回アニメーション神戸賞作品賞・テレビ部門、東京国際アニメフェア2012・第11回東京アニメアワード、第15回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門大賞など、数々の賞を独占したTVアニメ「魔法少女まどか☆マギカ」を再構成した劇場版2部作の後編。思いを寄せる恭介のため魔法少女になったさやかだったが、魔法少女の真実を知って絶望に飲まれていき、ついに魔女へと変貌してしまう。まどかは、さやかを救おうとする杏子の提案に乗るが……。どんな願いでも1つだけ叶えることができるかわりに、魔法少女として戦う道を選んだ5人の少女がたどる過酷な運命を描いたダークファンタジー。(eiga.comより引用)

もう、まどかありがとう、としかコメントは無いんですが、最高でした。

「まどほむ」パートももちろんですが、「杏さや」パートが大好きな身としては、人魚の魔女のシーンからスタートする後編は観ていてずっと辛かったです。「心に残ったセリフ集」でも「杏さや」(こうしてみると杏さゆりみたいだな)が1,2フィニッシュ! まさに名シーン。

脚本を担当した虚淵によれば、杏子は悪人として振る舞うことで絶望を発散させ心の平静を保っていたが、実のところはそうした自分が好きではなく、この時仮にさやかを救うことができれば自分自身の心を救うこともできたが、見捨てていればそのまま真の絶望を迎えたであろうとされる。- wikipediaより。

杏子かっこいい、杏子いい子。とても好きなシーンを大スクリーンで観れて良かったです。

『まどか☆マギカ』は5人の魔法少女はもちろん、まどか母や恭介、仁美さんに至るまで全てのキャラクターが魅力的だと思う。でも、やっぱり主人公はまどかなんだってアニメを最期まで観ると分かるし、まあこれは物語自体とは関係無いけど、ピンクのキャラデザってすごく映えるしかっこいい。

映画終了後には、来年公開予定の「[新編] 叛逆の物語」のティザー予告も。予告を観る限り、仁美さんが物語りに関わってきそうな予感。超楽しみ。

ルミナス(期間生産限定アニメ盤)
ルミナス(期間生産限定アニメ盤)
クチコミを見る