観た。

「推理作家ポー 最期の5日間」
sub1_large

「モルグ街の殺人」「黒猫」などで知られる推理作家エドガー・アラン・ポーの最期の日々を、史実とフィクションを交えながら描くミステリーサスペンス。1849年、アメリカ・ボルティモアで猟奇的な殺人事件が起こる。現場に駆けつけたエメット刑事は、この事件が高名な作家エドガー・アラン・ポーの小説「モルグ街の殺人」に酷似していることに気づく。警察は、酒びたりで荒んだ生活を送るポーを有力な容疑者として捜査を進めるが、ポーの作品を模した第2、第3の殺人が発生。著作を汚されたポー自身も捜査に乗り出すが……。監督は「Vフォー・ヴェンデッタ」のジェームズ・マクティーグ。(eiga.comより引用)

江戸川乱歩は好きですが、エドガー・アラン・ポーの本は一冊も読んだことが無いんです。というか、ポーがどうとかよりも、外国人作家の作品はほぼ読んだことが無い。ライ麦畑とかそういった基礎以外は、カフカとウィリアム・バロウズ(よっ中二病!)くらいしか。

この映画、試写会で観たのですが、好きでも嫌いでも無い、でも自分でお金を出しては観に行かないかな〜という作品でした。決してつまらなくは無いのですが特に思い入れを持てない。ただ、ポーの本にはチャンレンジしてみようと思いましたよ。

あ、予告編なり公式サイトなりを見ると結構女性にウケそうなタイプの作品に見えるし、実際にウケるとは思うんですが、結構グロいシーンがあるので苦手な方はお気をつけて。「SAW」シリーズのどこかに出てきた、振り子で胴体切断。なんて描写もあります。

私は「SAW」シリーズは全て観てるので、このシーンを観た時に「あ、これSAWにも出てきた殺害方法!」って思いました。後日、この作品のスタッフさんにお話を伺う機会があって、そのことを言ったら「アメリカ人にはそれだけポーの小説が体にしみこんでいるんですよ」と言われて、なるほどなーと思った。映画にも出てきますが、ポーの「大鴉」は、日本でいったら「銀河鉄道の夜」みたいに、教科書に載っている詩だそうです。

sub2_large

と、ポーについての興味はふくらむ一方。肝心の映画はというと、安っぽい描写も無く、トンデモ展開もほとんど無く、キレイにまとめられた映画でした。ただ、悪く言えばそれが何か物足りない原因でもある様な。

ポーを演じたジョン・キューザックは超ハマり役でした。後世に語り継がれる偉大な作家であっても、実際はダメダメな部分がたくさんあったという描写も愉快で。

この物語はもちろんフィクションなのですが、ポーの最期は本当に謎に包まれていること、そしてポーの作品が事件を解決するための重要な要素となっていることから、ポーに知識のある方なら、私とは全く違ってとても面白い映画なのかもしれません(その逆もありえるけど)。

でも、DVDでたまたま借りて観て、あ、意外と良かったな。なんていう掘り出し物感はある作品なので、ミステリー好きの方はどうぞ。

エンドロールの映像は殺人的に物語の雰囲気に合って無かった様な気がするんだけど、あれはなんですかね。