「鍵泥棒のメソッド」

観た。
sub1_large
「運命じゃない人」「アフタースクール」の内田けんじ監督が、人生が入れ替わってしまった売れない役者と凄腕の殺し屋が巻き込まれる騒動を、堺雅人主演で描く喜劇。35歳でオンボロアパート暮らしの売れない役者・桜井は、銭湯で出会った羽振りのよい男・コンドウが転倒して記憶を失ってしまったことから、出来心で自分とコンドウの荷物をすり替え、そのままコンドウになりすます。しかし、コンドウの正体は伝説の殺し屋で、桜井は恐ろしい殺しの依頼を引き受けなくてはならなくなる。一方、自分が売れない貧乏役者だと思い込んでいるコンドウは、役者として成功するため真面目に働き始め、徐々に事態は好転していくが……。(eiga.comより引用)
試写会で鑑賞。

「アフタースクール」は観ていて、「運命じゃない人」は未見。私はこういったシチュエーションコメディ(っていうの?)みたいな作品はそこまで好みでは無いんですが、面白かったです。なんていうか映画館に観に行って、最高! って騒ぐ作品ではないけど、DVDで観て人にすすめたくなる様な魅力がありました。

sub2_large

私は堺雅人さんにこれといって特別な感情は無いのですが、この映画を観て人気があるのも分かる気がしました。あの子犬の様なまなざしが良いのでしょうね、きっと。それでいて長身で真顔でいると格好良いという。

sub3_large

香川さんも最近、カイジの利根川とかだいぶコミックちっくな役が続いていた様に思えて、失礼ながら食傷気味だったのですが、やっぱりすごい存在感だな〜と思い、良かったです。

sub4_large

でも一番素敵だと思ったのは広末さん。
婚活中の女性編集者を演じていますが、劇中の「どんな男もあなたと結婚したいと思うから大丈夫です」って言葉、そのとおりの魅力があって。この潔癖な感じの美しさが私の知人にそっくりで、勝手にその方と重ね合わせていました。素敵なのですよ、その方もとても。これまた勝手ながらその方もきっと「健康で前向き」な方が好きなんじゃないかと思います。

2時間超の長めの作品で、題材も地味っちゃ地味なのに全然飽きずに観れました。「アフタースクール」の様なドンデン返しがあるわけではないですが、次に何が起こるか予想が出来ない点は共通しているし、終わりも爽快。

そして実は人間の本質は変わらないという点と、人間は成長できるっていう点が共存してメッセージにこめられている気がして、お説教映画ではありませんが、ちょっと自分の人生とか考えられるのも良いです。ほんのちょこっと考えられる、この感じが心地よかったです。

演劇、舞台とか好きな方にはなおオススメ!