「ダークナイト ライジング」
jp-pub-photomain-dkr_large

クリストファー・ノーラン監督による「バットマン ビギンズ」「ダークナイト」に続くシリーズ完結編。「ダークナイト」から8年後を舞台に、ゴッサム・シティを破壊しようとする残虐な殺し屋ベインと戦い、謎に包まれたキャット・ウーマン/セリーナ・カイルの真実を暴くブルース・ウェインの姿を描く。主演のクリスチャン・ベールのほか、新キャストとしてアン・ハサウェイやノーラン監督の前作「インセプション」にも出演したトム・ハーディ、ジョセフ・ゴードン=レビット、マリオン・コティヤールらが参加する。(eiga.comより引用)

「スパイダーマン」「アベンジャーズ」と続いて(劇場公開順は違うけど)、「ダークナイト ライジング」で、この夏のアメコミマラソンが終了です。

誰もが絶賛する超傑作「ダークナイト」の続編を作るというだけでもプレッシャーはんぱねー! ノーラン監督のメンタルの強さにまずは驚き、ていうかブルース・ウェインより確実にノーランのほうが強靭な精神力だよねとか思っちゃうんですが、監督らしいスタイリッシュな映像とシニカルな演出が面白かったです。ただ、面白いけど熱狂するほどではなく小奇麗にまとまってる感じ?

jp-pub-photosub1-dkr_large
伝説的悪役ジョーカーの後にバットマンを追い詰めないといけない、これまた相当なプレッシャーがあったと考えられる、トム・ハーディ演じるベイン。トム・ハーディは「インセプション」での伊達男役が素敵でした。ベインはマスクもしてるし、体がムッキムキっていうのもあって、全く印象が違い、役者魂を感じます。

ベインはジョーカーに比べると肉体派で、もちろんトリックや罠をどんどんしかてはいきますが、何者か分からない恐怖というよりは、ダイレクトに傷つけられる、殺されるという恐怖が前にたつキャラクターだったと思います。で、当然ジョーカーよりは全然恐くないです。これはdisってるんじゃなくて、ベインの背景を考えれば当たり前のことで、かなりのネタバレになるので書きませんが、私はこのベインに対して「パンチが弱い」とは思ってません。

jp-pub-photosub1-rev-dkr_large
それよりも少し、ブルース・ウェイン/バットマンの描き方、パンチが弱い様に感じた。というか、「ダークナイト」以降、街はとりあえず平和になった、ブルース・ウェインは恋人を亡くし影に隠れて生活をしている、心のどっかで悪が生まれてバットマンになるのを望んでる……的な前半は良かったのですが、中盤から、私はあまりバットマンについて魅力を感じなかった。バットマンが登場して「キタキター!」って盛り上がる感じがしなかったってのがあります。

jp-pub-photosub5-dkr_large
トム・ハーディとおなじく、すでにしっかり“ノーラン組”なジョセフ・ゴードン=レビットはこれまたオイシイ役どころ! 彼に関しては私は大満足です。

jp-pub-photosub4-dkr_large
そして何よりアン・ハサウェイ様のお美しさよ。超可愛い、超セクシー。このセリーナ・カイル/キャットウーマンを観るだけで「ダークナイト ライジング」を観る価値はあるなあ。

私が一番好きなシーンは、バットマンがゴードン警部に「本当のヒーローとは…」みたいに言うシーン。グっときました。映画として、もちろん面白いし、確実に色々なハードルを越えてきたとは思うのですが、私的には印象に残らない作品。ラストは好みではあるんだけど、結構読めちゃったっていうのもあるし。

だけど、アメコミに抵抗がある人(結構多いよね。気持ちも分かる)でも観たくなる、知的アメコミ作品としての演出はやっぱりすごいなって思うし、相変わらず長い165分の上映時間を飽きさせないのもさすがだなーって感じました。後半若干だれた気もするけど。

「アメイジング・スパイダーマン」「ダークナイト ライジング」「アベンジャーズ」が、リア充っぽさ、ひねくれサブカルっぽさ、ボンクラ男子の夢物語っぽさ、みたいなそれぞれの役割をキッチリ果たしているところが、本当に面白いと感じたし、この映画3本を続けてみれたことは贅沢だったなーって素直に思っております。