もういまさら感想書いてもって感じなんでしょうけど、書きます!

「ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル」
main_jpg_rgb_large

トム・クルーズ主演の人気スパイアクションシリーズ第4作。ロシアのクレムリンで爆破事件が発生し、米国極秘諜報組織IMFのエージェント、イーサン・ハントと、ハントの率いるチームが事件の容疑者にされてしまう。米国政府は「ゴースト・プロトコル」を発令してIMFを抹消。汚名を着せられたハントは、IMFの後ろ盾もえられないままチームの仲間だけを頼りにクレムリン爆破の犯人をつきとめ、さらには事件の黒幕が目論む核弾頭によるテロを防ぐためロシアからドバイ、インドへとわたり、過酷な戦いに身を投じる。前作を監督したJ・J・エイブラムスが製作を担当。ピクサーで「Mr.インクレディブル」「レミーのおいしいレストラン」を手がけてきたブラッド・バード監督が、初の実写映画のメガホンをとった。

面白かったです!
面白かったのですが、観てから月日が経ち過ぎているので感想を箇条書きにします。

・ジェレミー・レナーが良かった!! 『ハートロッカー』は全然私だめな映画なんですけど、この映画のジェレミー・レナーは素晴らしかったです。今後注目していきたい役者さんが増えました。
(私が今他に追ってるのはジョゼフ・ゴードン=レヴィット、アナ・ケンドリック、トム・ハーディくらいかなぁ。あとユアン・マクレガーはずっと)

・サイモン・ペッグはサイモン・ペッグだった! こんな映画に出るなんて大出世。でも同時期(日本公開)に『宇宙人ポール』もやっちゃう所がイカす。

・タイトルコール〜イーサンが脱出するあたりのスピード感が良かった。ハラハラするシーンに、あえてゆっくりめのBGMを使っている所が好き。

・高所恐怖症の私は、ドバイの高層ビルシーンでリアルに手汗びっしょりになった。

・中盤〜ラスト前は若干中だるみ。ジェレミー・レナーの準備運動シーンいいね。

・私はそこまで気にならなかったんだけど、トムの加齢が気になるという声多し。例えば『インディジョーンズ』のインディジョーンズ自体が年をとった設定だから、ハリソン・フォードでも演じられる、みたいな帳尻あわせが必要だったかも?

・監督は初実写映画というのがすごい。「レミーのおいしいレストラン」は大好きな映画の一つです。

・とにかく、しつこいけど高所恐怖症の人は気をつけて!