お借りして読みました!

「G戦場ヘヴンズドア」(日本橋ヨヲコ)
G戦場ヘヴンズドア 1 (IKKI COMICS)
G戦場ヘヴンズドア 1 (IKKI COMICS)
クチコミを見る

父を嫌悪しながらも、意識せずにはいられない血のつながり。紙とペンが、堺田と鉄男の揺れる感情を剥き出しにする。友情と情熱と欲望と因縁の多感ストーリー!

日本橋ヨヲコ先生は、今「エース」で連載してる、「少女ファイト」をたまにちらちら読むくらいなんで、
きちんと読んだのはこれが初めて。

むっちゃくっちゃ良かったです!!

言うならば、「バクマン」の大人版というか、いや、抱えてるものはシリアスでも、漫画にかける想いは「バクマン」よりも熱かったりするからな、うーん。稚拙な表現にとどまってしまうけど「バクマン」から、漫画に対するメタ構造を抜いて、とことんパッションでかけぬけた! という感じでしょうか。

あ、バクマンバクマン言ってますけど、こっちのほうがバクマンより先みたいです。
無論似すぎてて不快とか、マネっことかそういうのは一切関係ない2つとも素晴らしい作品です。

鉄男のミステリアスさに惹きこまれながら、謎多く展開する1巻、物語が一気に進む2巻、そして思わず号泣してしまった3巻。やー、そもそもこの「漫画の引き伸ばし問題」が顕著な現代において、これだけコンパクトにまとめて完結してるだけでエライ。

絵に多少の好き嫌いはあるかもしれませんが、これ超オススメです。出会えて良かった。