観た。

「ドリーム・ホーム」
dh_main_large

香港、ビクトリア・ハーバー沿いに立つ高級高層マンションで警備員が絞殺される。その後もマンションの住民に対して惨劇を繰り返す犯人は、金融機関に勤めるチェンだった。ごく普通のOLに過ぎないチェンが猟奇的な犯行を繰り返す裏には、香港人の給与と高騰する地価という不条理な社会状況が大きく関与していた。香港の鬼才パン・ホーチョン監督が現代社会への風刺を交えながら描くサスペンス。

ここまでグロければ、逆に爽やか!
「グロすぎて、どっかの映画祭で汚物袋が配られた」とかいう逸話や(こういうのにのせられやすい)、監督のインタビューでかなり気になっていて、観てきました。ところがどっこい、ゴア描写だけじゃなくて映画としてもかなり面白かったです。

まず、こんだけ美人な殺人鬼ってのがそそられますよね、素直に。主人公チェンは、貧しい家に生まれて、仕事も2つ抱えて一生懸命貯金している女の子なんだけど、演じたジョシー・ホーさん本人はマカオのカジノ王の娘で超お金持ちってのも面白い。それなのに、この映画にプロデュースから参加してる骨太なところが素敵、惚れた。

dh_sub1_large
それと、殺しの方バリエーションが本当に豊かだった。「よく思いついたなあ、こんな方法」ってのは、「SAW」シリーズがお得意だと思うのだけど(1以降はそれに走りすぎて、映画の主軸がブレた)、「ドリーム・ホーム」のチャウはジグソーと違って、自分で超体はってるところがすごい。油断して反撃されて怪我しちゃったりして。

内容は全然違うんだけど、自分の手でしっかりと殺して(痛めつけていく)という所は、ビョン様のサスペンスホラー「悪魔を見た」をちょっと連想したりしました。武器も包丁とかリアルだし、結束バンドとか、手作り感あふれているところも良い。

dh_sub2_large
監督本人が「女の裸が見たくてスプラッタ映画ばかり観てた」と言ってるだけあって、殺されちゃう女の子の必死で逃げまくって抵抗するシーンも見応えがあった。若い男女が愛し合ってる最中に、男が後ろからぶっと刺され、とある事が起きるのですが(こちらは別のブロガーさんの記事をご覧ください)、その後の女子のセリフとか笑ってしまった。イカす演出!

dh_sub3_large
チャウの目的の為には、人を出来るだけ無残に殺さないといけないので、そこまでやるか…みたいなシーンが本当に多い。特に妊婦さんを殺害するシーンは苦手な人はかなりの嫌悪感があると思うので、ご注意。(そもそも苦手な人は観ないか)

あと、音楽がすっごいヨカッタんで調べたら、ガブリエル・ロベルトという人が監督してるみたいです。で、この方、日本アカデミー賞最優秀音楽賞を「嫌われ松子の一生」(06年)で受賞した、初のイタリア人であり、昨年TBS系列で放映されたドラマ「SPEC」も担当しているらしくて、すげー格好良いと思いました。

しかも、スチールカメラマンがウィン・シャ。ウォン・カーウァイ作品の「ブエノスアイレス」や「花様年華」などのスチールも務めているカメラマン、昔ヒルズに「ウィン・シャ展」見に行ったので、ここも超テンションあがりました。ちょっとグロが苦手…という人もここらへんのワードがささったら、観て損はないと思います!

そして、このパン・ホーチョン監督、「ドリーム・ホーム」が日本初公開(東京国際映画祭などでは上映)ということで、それを記念して過去作品のリバイバル上映をやってるんですけど、やばいです。天才すぎます。今のところ、「ドリーム・ホーム」「イザベラ」「ビヨンド・アワ・ケン」と3作品観たのですが、相当に好みすぎて、全部完璧で、やばいです。今、パン監督に夢中!

*****
【追記】この映画、公開後に監督と主演のジョシー・ホーがもめて、訴訟とかになったみたいですけど、ジョシーが「もっと残酷にしろ」と言ったんですって。すごいなw
(引用) 『ドリーム・ホーム』 - 真魚八重子 アヌトパンナ・アニルッダ

TBS系金曜ドラマ SPEC~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿~オリジナル・サウンドトラック
TBS系金曜ドラマ SPEC~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿~オリジナル・サウンドトラック
クチコミを見る
かっけーサントラ。

in the Mood for Love ~花様年華 [DVD]
in the Mood for Love ~花様年華 [DVD]
クチコミを見る
かっけー写真。