観た。

「ブラック・スワン」
main_bs_06503_large

ナタリー・ポートマン、ミラ・クニス共演の心理スリラー。ニューヨークのバレエ団に所属するニナ(ポートマン)は、元バレリーナの母とともに、その人生のすべてをダンスに注ぎ込むように生きていた。そんなニナに「白鳥の湖」のプリマを演じるチャンスが巡ってくるが、新人ダンサーのリリー(クニス)が現れ、ニナのライバルとなる。役を争いながらも友情を育む2人だったが、やがてニナは自らの心の闇にのみ込まれていく。監督は「レスラー」のダーレン・アロノフスキー。

怖い映画は、そこそこ観ているつもりで、慣れているつもりだったのだけど、すごく怖かった。ナタリー・ポートマンの姿や映画のイメージから、モードなイメージを抱いて鑑賞すると痛い目にあう映画。実際、、初日に鑑賞して(感想だいぶ遅れて)、映画館は女子率高かったんだけど、「ひっ」みたいな小さい悲鳴とかも聞こえてたなあ。私も何度もビクってしました。驚いて。

が、作品としてものすごく面白く、今年の暫定No.1に選ぶ人が多いと思われる抜群のクオリティでした。ナタリー・ポートマンをはじめ、役者陣がハマリすぎ、熱演すぎ。

b65small_large
あらすじだけ読むと、「自分と正反対なタイプのライバルとの対決、そして焦燥」って感じにストーリーを想像するんだけど、結局敵はそこじゃない。

この映画に関しては、観た人と「あれってこういう事だよね?」と話した時に「あー、そうだね」って解釈を共有し合えるパターンもあれば、「え。最初からそう思って観てたけど?」って言う人もいるので、何がネタバレかよく分からないのだけど、ニナがどんどん自らの妄想にとりつかれていく描写が、とても素晴らしかったです。

b09small_large
ライバル役の、ミラ・クニス(sexy!)とニナの対比、そして痩せ過ぎウィノナ・ライダーのヒステリック具合も良い。↑嘘みたいだろ?ウィノナ・ライダーなんだぜ?この写真。

20071003_14366
色々ある前のウィノナ。oh…。や、「ブラック・スワン」では素晴らしい演技してるんですけどね。

bs_sub2_large
トゥシューズをぎゅうっと履いて、つま先でギシギシと床を踏みつける、もともとバレエが持つストイックさと痛々しさと美しさよ。ママに異常に過保護に育てられていて息がつまるほど干渉されている日々、恋愛もしたことが無い、食事も相当に節制している。バレエに全てを捧げながらも、自信が無く、真面目でつまらない人間だと思われているし、自分も気付いている。

そんなニナに訪れるラスト。「あまりにも可哀想だ」とか「最後には救済を」という感想が出るのも分かります。だってあんなに一生懸命だから。でも、私的にはこのラストは完璧だと思っているし、この結末だからこそ、胸が震えるほどの感動を味わえたのだと思っています。同じ監督の「レスラー」もそうだし。

“自分が想像できるくらいの痛描写”(タンス小指描写と名付けよう)と、気まずいエロシーンも多く、予告編を観て「ぐ…」と思う人はやめておいた方が良い映画だけど、私はDVDが出たら何度か観たいです。

「シネマハスラー」での「ブラック・スワン」評(こちらmp3.にとびます)が面白くて、色々確かめたい事もあるし。