観た。

「エンジェルウォーズ」
main_large

「300 スリーハンドレッド」「ウォッチメン」のザック・スナイダー監督が描くアクションファンタジー。精神病棟に閉じ込められた少女が、現実から逃避するためにつくり出した鮮烈なバーチャル世界で、仲間たちと自由を勝ち取るための戦いに身を投じていく姿を描く。エミリー・ブラウニング、ジェナ・マローン、バネッサ・ハジェンズ、アビー・コーニッシュ、ジェイミー・チャンら若手女優が豪華出演。

主に日本のゲーム・漫画・アニメなどのポップカルチャーを指す言葉である「クールジャパン」という表現自体が、インフラをおこし、「ニホンダイスキデス!」と言ってる監督さんとかアーティストって今結構ざらじゃね?って思っている人も多いはず。私も最近感じてた。

でも、私は「外国の人が明らかに勘違いしている日本らしさ」の描写を見るのが結構好きなので、この映画は「サッカーパンチ」時代から結構チェックして、密かに楽しみにしてました。

sub1_large

アメリカでは「ビスチェ付きのエアベンダー」なんて悪口言われて(それはいくらなんでも、この映画に失礼!)、大ゴケしたとかなんとかで、しかも邦題が「エンジェルウォーズ」ってくそだっせーなと思っていて、なんだかんだ初日に観たりする意気込みが消えてしまい、結局観るのが遅くなってしまいました。でも、これって逆に部屋でDVD観ててもむなしくなるタイプの映画だと思ったので、劇場鑑賞は自分の中では必須。なんていうか、一応観れてよかったって感じw

「キル・ビル」のゴーゴー夕張ちゃんもそうだけど、美少女×武器の組み合わせって、やっぱりカワイイし面白いしポップですよね。ベイビードールちゃん、かわいかったー。(5人の中ではロケット派だけど)

sub4_large


言われている通り、特にストーリーは無いので「トロン:レガシー」の様に、映像の格好良さを楽しめればいいんじゃないでしょうか。ベイビードールの「観るもの全てを惹きつけるというダンス」に関しては、「BECK」方式で全く移さず、それこそ「想像せよ」というのが繰り返されるのがイライラしたりもしましたが…。

音楽、ヨカッタ! これはサントラ欲しくなっちゃうレベル。でも、ジャケットを観られて「この子、エンジェル・ウォーズが大好きなのね」って思われたら嫌なレベル。

期待してなかっただけに、結構楽しめたし、観た人と色々話したくもあるけど、「好きな映画はエンジェル・ウォーズかな」って言われたらちょっと仲良くはなれないかも?w

「好きな美少女戦闘系、トンデモ映画、かつ作家性がある映画は?」っていう問いに対しては全然アリ。でも、「好きな映画は?」でこれは絶対ないだろうなー。でも、女の子がカワイイからそれでよしとしましょうよ。ねえ。