観た。

「トゥルー・グリット」
main_large


「ノーカントリー」のコーエン兄弟が、ジョン・ウェイン主演の名作西部劇「勇気ある追跡」(1969)をジェフ・ブリッジス主演でリメイク。父親を殺された14歳の少女マッティは犯人を追跡するため、隻眼の凄腕連邦保安官コグバーン(ブリッジス)を雇う。だが、コグバーンは元泥棒で大酒飲みの自堕落な男で、彼を信用できないマッティはコグバーンに同行して犯人を追うことになる。共演にマット・デイモン、ジョシュ・ブローリン、バリー・ペッパー。

最近こんな事ばかり書いている気がしますが、この映画のポスターヴィジュアルが好き。

bf1e20a4462b71e3cc4cece2a8c96ac8_XL


西部劇には特に興味が無いので(というか日本人で西部劇に興味がある人がどれだけいるのだろう)こういった、ヴィジュアルにしていただいて、大変興味をそそりました。あとは「ノーカントリー」も好きだったし、マッティ役のヘイリー・スタインフェルドがとても良いと聞いて、劇場に観にいきました。

で、感想なんですが、ヘイリー・スタインフェルドがやっぱりすごく良かった。シーンの冒頭からいきなり父親を殺されるのですが、ワンワン泣き崩れたりしない(したのかもしれないけど、それは出ていない)し、とても気丈。お金の交渉するところの“譲らなさ”もすごい。頑固。

sub3_large

途中までずーっと、口の減らないオマセサンって感じで物語は進行するんだけれど、そういったキャラクターを最初にしっかり見せてくれていたからこそ、野宿の時に恐い話をしようとする子供っぽさが引き立てられて、「このキャラクター好きだなー」って素直に思えた。

キック・アス」で最後やられそうになって、泣くヒットガールもそうなんだけど、このギャップに萌えない人っているんですかねえ。ギャップ萌えという言葉がめちゃくちゃ陳腐だけど。

別にすごい美人ってわけでもないし、実際劇中でも「ブサイク」とか言われちゃってるんだけど、顔の造形とかを越えた魅力を感じました。

sub2_large

「クレイジーハート」(こちら未見)「トロン:レガシー」と話題作に出まくっている、ジェフ・ブリッジスも良かった。THE荒くれ者。登場シーンから、ダメな大人感全開のキャラクターなんだけど、こちらもヘイリー・スタインフェルド同様、前半がダメであればあるほど、後半の展開に効いてくると思うんですよね。

思い返すと、強いメッセージを受け取ったわけでも、目が離せねぇ!ってほど興奮した映画では無くて、割かし真っ当に物語は進んでいきます。でも飽きないで観れたのは役者さんの演技が素晴らしかったからだと思う。マッド・デイモンは全然目立ってなかったけど、これはそういうポジションだからいいのかなぁと。

マティが復讐する犯人とアッサリ出会っちゃったり、その後の展開にズッコケたりする部分もあったけど(ガッカリとか、悪いズッコケではない)、この映画は“復讐”をテーマにしている様でいて、3人の不思議な友情とかを描きたかったのだと思うので、しっくりきました。

とにかく、ヘイリー・スタインフェルドちゃんの今後に期待! あ、あとコーエン兄弟らしい“痛い”描写や、銃に関するドキドキシーンも結構あるので、ほんっとに耐性の無い人はご用心。ただ、全然グロかったり、暗かったりしないので、女子もぜひ。