試写会で鑑賞。

「ソーシャル・ネットワーク」
main_large


世界最大のソーシャルネットワーキングサイト「Facebook」創設者マーク・ザッカーバーグの半生を、鬼才デビッド・フィンチャーが映画化。2003 年、ハーバード大学に通う19歳のマークは、親友のエドゥアルドとともに学内の友人を増やすためのネットワーキング・サービスを開発する。そのサービスは瞬く間に他校でも評判となり、ファイル共有サイト「ナップスター」創設者のショーン・パーカーとの出会いを経て、社会現象を巻き起こすほどの巨大サイトへと急成長を遂げるが……。


この映画、めっちゃ評判いいし、観たいって言ってる人多いですよね。
私も制作決定から結構楽しみにしていて、実際に素晴らしい映画だったと思います。デビット・フィンチャー最高傑作!とまでは思わないけれど、「ベンジャミン・バトン」よりも好き。面白かった。

Facebookは登録してあるんですけど、全然使いこなせてません!
でも、これだけの大きなSNSを19歳が作ったって本当すごいすよね。

最初、アメリカの大学独特の文化(クラブ活動の必要性とか、ハーバード大がどんだけすごい学校か、とか)が馴染み無いので、主人公と主人公の友達が何にコンプレックスを持っているのかが分からなくて、ちょっと置いてかれた感あったけど、それはすぐ慣れました。

sub1_large


まず、冒頭のシーンが良い。
女の子がマーク・ザッカーバーグに激イラつくシーン。
「コミュ力」ってあんま好きな言葉じゃないけど、コイツは完全なコミュ力不足。あのむすっとした無表情さと、オタクっぽさがたまらない。っていうか、オタクって世界どこでもこんな感じなんだ!

social_network_intl_df-07080_large


私が映画を観る前に想像していたのは、「Facebook立ち上げ秘話」が6割、残りもろもろって感じのバランスだったのだけど、実際はほとんど「訴訟」について。どんだけすごい物作っても、関わっている人が、みんな子供だから、そりゃモメますよね。しかし、その子供っぽさが面白いサービスを作るんでしょうけどね。

social_network_intl_df-04700r_large


「ナップ・スター」の創始者、ジャスティン・ティンバーレイク演じる、チャラ兄貴のキャラクターも良かった。いかにも成功者でござい!という言動がイイ感じにイライラしました。彼以外でも、この映画、登場人物全員がちゃんとキャラ立ちしてて「あー、こういうヤツいる」って感じで、そこも見所な気がします。

と、色々映画については思うところもあり、一言で言うと面白い!って事なのですが、一番好きなのは、このポスターヴィジュアル。

tc4_search_naver_jp


英語ver.と日本語ver.だと、書いてること全然違うのに、同じデザイン。
シンプルかつ、そそられる。