観た。遅ればせながら感想。

「乱暴と待機」
20100423_ranbou3_v


「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」の原作者として知られる劇作家・ 本谷有希子の同名戯曲を、浅野忠信主演、「パビリオン山椒魚」の冨永昌敬監督で映画化。互いに好意を持ちながらも、天井裏から覗く、覗かれるという関係しか築けない複雑な男女の愛を、近所に引っ越してきた若夫婦の視点から描くコメディドラマ。共演に美波、小池栄子、山田孝之。


「十三人の刺客」に引き続きの山田孝之映画!観た順番で言うとコッチの方が先なんすけどね。

冨永昌敬監督は、「パンドラの匣」が結構好きでした。で、この映画「どこでプロモーションしてたんだろ?」って思うくらい始まってるの全然知りませんでした。東京でもテアトル新宿くらいでしかやってないし。観た人の評価が高いので、勇んで鑑賞! いやー。かなり面白かったです。

9cffdc34-b0a1-4b47-ae30-41d26c159261


何がいって、山田君のダメ男っぷり。本当ダメダメだけど、何か放っておけなくて、悪い男ですねー。女の人生をブチ壊すね。しかし、これって他の山田孝之の演技でもそうなんだけど、妙な色気がプンプン。“ワシ、この男にならだまされてもええ!”と前のめり。

20100423_ranbou6_v


あと、同じくらいすごかったのが小池栄子さん。小池栄子さんの演技大好きなのでとても素晴らしかったです。恐い、恐いよ。でも女からすると栄子の気持ち分かるっていうか、「当然の権利!」って思うけど、男子によるとやっぱ恐いらしいです。美波演じる“ナナセ”の方がいいらしい。えー。そんなのずるいや。

20100423_ranbou2_v


栄子以外は全員キモイやつら。絶対友達になりたくない。(孝之は友達にはなりたくないが抱かれたいけど)。でもそれが絶妙にからみあってて、最低の話なのに笑えて、「自分の事ばっかり考えて生きる」のって全然悪くないなーとかちょっと思った。

とあるシーンでは、声だして笑いましたもの。あそこは良かったなー。

あ、あと音楽良かった。相対性理論と大谷能生。本谷有希子+相対性理論+浅野忠信とか、この映画の栄子がゲロ吐いちゃうシーン(そういうシーンがあるのだ)くらい、吐きそうになる組み合わせだけど(なんて狙いすぎたサブカルなのだ!という拒否感)、でもこの映画は面白いんだよなー。不思議。



嫌いなフリして、好きなフリして、やっぱり苦手だった相対性理論。でもこれは好き。男の子、男の子。