シネマライズにて鑑賞。

「プレシャス」
01_large


1987年のニューヨーク・ハーレムで、両親の虐待を受けながら希望のない日々を生きる黒人少女プレシャス。レイン先生に読み書きを習い、つたない文章で自分の心情を綴り始めたプレシャスは、ひたむきに人生の希望を見出していく。サファイアの小説「プッシュ」を、「チョコレート」で製作を務めたリー・ダニエルズが映画化。マライア・キャリー、レニー・クラビッツ、ポーラ・パットンらが出演。 2009年のサンダンス映画祭でグランプリ、第82回アカデミー賞で助演女優賞と脚色賞を受賞した。


「『ハート・ロッカー』よりもこっちのほうが、より“良いアメリカ”らしく、アカデミー作品賞を獲るのにふさわしかったのでは?」という声も周囲でちらほら聞こえてきますが、私も同意です。共通する環境がひとつも無くても、プレシャスの人柄、仲間、家族、絶望も希望もまっすぐに感じることができました。

娘にフライパンを投げつけ気絶させ、家事を全てやらせ、働かずに不正に生活保護を搾取する“最悪の母親”を演じたモニークが、アカデミー助演女優賞を獲ったこともあって、「とてつもなくかわいそうで、不幸な女の子のお話」と想像している人が多いと思います。私もそうだったんですが、いざ観てみたら、想像よりはるかにガールズ・ムービーでして、そこまで“落ちる”事が無く、勇気をもらえる映画でした。

04_large


初めていくフリースクールへのお洒落に悩む所や、気になる男の先生との恋の空想をめぐらすのもカワイイ。

03_large


主人公プレシャスは、ものすごくひどい環境で生きてるのに、ずっと無口で耐えているだけなんだけど、中盤、学校に通って字を覚えていくにしたがって、自分の意思できちんと話せるようになっていく。その過程がステキだった。とにかく未来と、自分の物語を「書く」こと。それが大事なのだ。