試写会で鑑賞。

main_large


「パーマネント野ばら」
「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」の吉田大八監督が、西原理恵子のコミックを映画化。北野武監督作「Dolls(ドールズ)」以来、菅野美穂の8年ぶりとなる主演作。共演に江口洋介、夏木マリ、小池栄子、池脇千鶴ほか。海辺の町にある「パーマネント野ばら」は、離婚の末に一人娘を連れて故郷に出戻ったなおこと、なおこの母・まさ子の2人で営む小さな美容室。そこにはさまざまな事情を抱えた町の女たちがやってきて、恋愛にまつわるさまざま話に興じる場所だった。


菅野美穂、全編に渡ってほぼすっぴん。圧倒的透明感。
サイバラ先生の叙情的サイドの映画化というと昨年の「女の子ものがたり」がありますが、「パーマネント野ばら」も高知が舞台とか、女の子3人が出てくる所とかかなり被っている部分が多かったです。が、はるかにこちらの方が面白かったです。

sub1_large


離婚して、子供がいて、実家に帰ってきて、「ワシ一人で生きていく!」みたいな気合とかも全然無くて、毎日何となく生きている(ように見える)菅野美穂演じるなおこ。一般的にシングルマザーって、「子供の為に一生懸命」な部分がフューチャーされるけど、この映画の場合はちょっと違う。「母よりも女としての私の人生も大事」という事が大きい。でも、椎名林檎の「歌舞伎町の女王」の「15になった私を置いて」的な世界でも無い。「子供はもちろん大事。でもやっぱ恋したいし、たまには夜遅くまで飲んじゃう」みたいな、ゆるく自分を許しちゃう母親が描かれていました。

sub2_large


ひどく男に依存して、即物的に生きている女達が自然と集まる憩いの場、パーマネント野ばら。下ネタばかり話してるのに、昼から焼酎とか飲んでるのに、自分を美しくする為の場所であるパーマ屋を心の拠りどころにしている、という設定が素敵。

女は死ぬまで一生女。一言で言うなら、そんな映画でした。場末のフィリピンパブのママ、小池栄子がかなりイカしてる。すごい情けない女の人だけど、切なくてすっごく可愛い。あと、池脇千鶴の不のオーラが異常。以前、上司がブログで書いていたのですが、あのポッチャリした感じは役作りなの? デフォルトなの?

最後の意外な結末は同監督の「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」みたいなゾッとする感じで良かった。あんまりハードルあげるとつまらなくなっちゃうけど、「シャッター・アイランド」の10倍は驚く展開だと思う。

とはいえ、ゆったりとした雰囲気が流れる、美しい景色も魅力的なので、人々が抱える悩みをちょっと覗き見する感覚で、オススメしたい映画であります。

「パーマネント野ばら」は5月22日より全国公開。