ブログネタ
「ワーナー・ホーム・ビデオ」のブルーレイで、どれが好き?(プレゼント付き) に参加中!
共通テーマに参加。

2002年の誕生以降、次第に低価格なプレーヤーやレコーダーが登場し、次第にお茶の間に普及しつつあるブルーレイ。高い解像度からこそ実現できたクリアな画質に驚いた人も多いのでは無いでしょうか。ブルーレイプレーヤーを持っていなくても、店頭などでつい目を奪われてしまいますよね。

でも、「ブルーレイソフトってちょっと割高…」そう思ってなかなか手を出せない人もいたのでは? そんなあなたの為に「ワーナー・ホーム・ビデオ」が 150タイトルのブルーレイを全て2,500円で販売する驚異的なサービスを4月21日から開始するそうです!(※一部新作タイトルは除く)


ブルーレイが2,500円って確かに安い。
私は映画のDVD・ブルーレイをたくさん持っているほうでは無いのですが、「劇場でいち早く観たい!」っていう作品と「自宅にディスクを置いておきたい」という作品は結構違う気がします。

例えば、最近の公開作品で私が見た中で言ったら「息もできない」とかすごく面白かったけどコレクションに加えたいかと言うと別だったりする。

やっぱり自宅に置くからには、何度も観たいしそうなってくると、超大好きな映画か、BGM代わりにできる音楽要素が多い映画、映像をひたすら眺めていたい映画が良いかなーって思います。

というわけで、150タイトルから私がブルーレイで観たい・欲しいのはコレ、「ザ・フォール/落下の王国」です!

ザ・フォール/落下の王国 [Blu-ray]
ザ・フォール/落下の王国 [Blu-ray]
クチコミを見る


構想26年、撮影4年。 ターセム『ザ・セル』待望の最新作!!
ターセム『ザ・セル』×デビッド・フィンチャー『ファイト・クラブ』×スパイク・ジョーンズ『アダプテーション』が創りあげた誰も観たことのない圧倒的な映像美!!


公開当時、劇場で観たのですが、映像美はんぱないです。今まで「この映画映像がきれー」とか言ってた自分に喧嘩売りたいくらい素晴らしかった。衣装も可愛いので、自宅で何度観ても飽き無そう。あと興味の無い友人とかも、部屋に遊びに来た時ドサクサにまぎれて見せて、「これは!」と驚かせたい。そんな感じです。

まずは予告でちょっと映像を見てみてください。



これがもっともっと展開されて、月並みですが世界ってすごい! と思えるロケーションが次々と登場します。

映画を完成する為に私財を投げ打ち、借金だらけになった監督の映画バカっぷりを感じて欲しい1作です。