試写会で鑑賞。

「てぃだかんかん」
original


世界で初めてサンゴの移植産卵に成功するという快挙を成し遂げた、金城浩二氏の実話を基に描く感動作。幼いころから海の生物が大好きだった健司(岡村隆史)は、幼なじみの由莉(松雪泰子)と結婚するために故郷の沖縄に戻って来る。母(原田美枝子)の猛烈な反対を押し切ってのゴールインだったが子宝にも恵まれ、自分で始めたレストラン事業もようやくうまくいき始めていた。そんな折り、突然健司は店をやめてサンゴを再生すると宣言する。


草食男子とかね、「モテキ」とか読んで騒いでいる男子は金城さんを見習いましょう!

これからは本当にこういう男性が一番モテると思う。そのくらい、原作者の金城浩二さん、それを演じた岡村さんが素敵でした。岡村さんすごい良かった。
海の生物ばっかり見ながら生きてきて、ちょっとボケていて、仕事はあまりうだつのあがらない主人公。周りに支えられて、レストランを4号店まで成功したのに突如「サンゴの再生をしたい」と言いだして…。

映画でも原田美枝子さん演じるお母さんに、「何考えてるんだ!」とぶん殴られていましたが、実際はもっと周囲の大反対あったのだと思います。

サンゴの養殖の技術的な難しさ、多額の借金、協会からのバッシングなど色々な苦労を、とにかくサンゴへの愛と奥さんからの支えで乗り越えていくというストーリーに、心があつくなりました。

やたら沖縄沖縄「沖縄最高!」っていう人が多いですが、沖縄だっていつまでも「キレイな海」を持っていられるという保障なんて無いんですよね。環境汚染とか暗い一面も抱えているということをこの映画で学ぶことが出来ます。なんか、ちょっと色々反省する部分もアリ。

それは、環境の事もそうだけど、原作本の中に
「サンゴの出産を成功させたら、今まで反対していた協会の人から『ずっと応援していた甲斐があったよ』と電話がきて驚いた」
みたいな言葉があって、本当にそういう人って世の中たくさんいるんだろうな。失望。

でも、周りを憎んだり恨んだりせず自分を信じ続けた彼は本当に恰好良いのです。

ちなみに、自分の奥さん役が松雪さんに決定した時に金城さんは
「かあちゃんは美人にやってもらわなくちゃ困るからね」
と話したそうです。もちろん、本当に奥様は美人なんですけど、さらっとそういうこと言えるのって素晴らしいと思いませんか!

てぃだかんかん-海とサンゴと小さな奇跡-
てぃだかんかん-海とサンゴと小さな奇跡-
クチコミを見る