読んだ。

「ひとり日和」
ひとり日和
ひとり日和
クチコミを見る


人っていやね......人は去っていくからね。
20歳の知寿が居候することになったのは、 母の知り合いである71歳・吟子さん
の家。
駅のホームが見える小さな平屋で暮らし始めた私は、キオスクで働き、
恋をし、吟子さんとホースケさんの恋にあてられ、少しずつ成長していく。
選考委員が絶賛した第136回芥川賞受賞作。


すごい柔らかい語り口で、20歳の女の子とおばあちゃんのやりとりがつづられています。なんか“春”って感じの小説でした。
71歳の吟子さんとなっているけど、印象としては71歳よりもうんと若くて、何歳になっても女の人は女の子要素を持っているという事が可愛くてほっこり。

主人公の知寿に恋人が出来る瞬間、別れる瞬間の描写がリアルでした。恋のはじまりと終わりって、ドラマみたいにそんなに激動じゃないよねっていう。