観た。

original


ミッシェル・ガン・エレファント“THEE MOVIE”/LAST HEAVEN 031011
2003年に解散したロックバンド「ミッシェル・ガン・エレファント」のドキュメンタリー。2009年7月に急逝したバンドメンバーのアベフトシを追悼するプロジェクトの一環で製作された。2003年10月に幕張メッセで4万人を動員して行われたラストライブとそのバックステージ映像を収録。監督はミュージックビデオを数多く手がける番場秀一。


先日、2009年ベストムービーをブログに書いたところですが、もう少しはやくこれを観ていたらランクインしていたかもしれないほど素晴らしかった。

でも、「THIS IS IT」がMJを知らなくても楽しめることと反対に、ミッシェルをあんま聴いたことない人は面白くないかも? ただ、全く知らずに見ても、音がとにかく格好良いことは感じてもらえる自信アリです(何目線だよ)。

今年は音楽関係の訃報がすごく多くて、(今年はMJだけでなく、アベフトシも亡くなったんだよなー)と思っている瞬間に、フジファブリックの志村さんが亡くなるというのも衝撃で、うわーもうアベさんのギターって絶対生で聴けないんだと思うと、人生の大きな何かを損している気持ちになりました。

映画館で飲み物を飲もうと考えてたら、一緒に観た子が「チバ君といったらハイネケンっすかね」と鶴の一声。しかし、ハイネケンは売り切れていて、結局コロナを飲みました。夢中になってるうちに、瓶を通じた熱でビールはどんどんぬるくなっちゃったんだけど、それもLIVE感があって良かったです。



最高の映画おさめが出来た。
合掌、乾杯!