読んだ。

慟哭 (創元推理文庫)
慟哭 (創元推理文庫)
クチコミを見る


連続する幼女誘事件の捜査が難航し、窮地に立たされる捜査一課長。若手キャリアの課長を巡って警察内部に不協和音が生じ、マスコミは彼の私生活をすっぱ抜く。こうした状況にあって、事態は新しい局面を迎えるが……。人は耐えがたい悲しみに慟哭する――新興宗教や現代の家族愛を題材に内奥の痛切な叫びを描破した、鮮烈デビュー作。


連続幼女誘拐事件と、怪しい新興宗教のくだりが交互に描かれててはやく続きを読みたいのに、あえてじらされるのが面白かった。
ラストは…。若干予想できた部分もあったけど、デビュー作とは思えない恐いお話でした。人間が狂っていくところが大げさじゃなくて良い。

ミステリー好きなら読んでも損はないかと。

-----------------------------------------------

今凝っているバンド。





すっげーかっこいい。
この重い音いいわあ。
中二病とかじゃなく、暗い人が好きなんです。

あ、スパルタ解散しちゃうの本当悲しいです。



ハニー、永遠はロックンロールと君だけさ。