一足お先に鑑賞。

shikisoku-main_large


「色即ぜねれいしょん」

面白い。
でもこれは圧倒的に、主役が渡辺大知クンだったからこそなせた業だと思う。
ストーリーも爽やかで切なくて素敵なんだけど、
どんなセリフも彼が言うことで、ほかの映画とは違う何かを醸し出してる。

くるりの岸田さんは…。
やはり音楽から入ってると、小っ恥ずかしいところありますね。
きっと、「月とキャベツ」を観た時の、山崎まさよしファン的な心情。
(私は山崎まさよしファンではないし、岸田さんのファンでもないけれど)

峯田さんは、日本全国の10代のお兄さん的存在でよかった。



ほんわかした映画だけど、大地クンは自身のバンド「黒猫チェルシー」の時は狂ってる。そのギャップもいい!



高校生の時モテなかった、boy's & girl's(←女も意外とイケル)におすすめします。