試写会で鑑賞。

sw_main2_large


「サマーウォーズ」

「時をかける少女」の細田守監督が、同作に続いて脚本・奥寺佐渡子、キャラクターデザイン・貞本義行とともに描くオリジナル長編アニメーション。数学が得意だが気弱な高校2年生の健二は、憧れの先輩・夏希に頼まれ、夏休みの間、彼女の実家で夏希のフィアンセとして過ごすことに。そんな時、健二はネット上の仮想空間OZで起きた事件に巻き込まれ、その影響が現実世界にも波及。夏希の一家ともども、世界の危機に立ち向かう。


長野県民は観て欲しい。
上田市民は絶対観て欲しい。
上田高校生は、私がポップコーン奢るから観て。

めためた面白かったです!

こんなに上田出身で良かったと思ったことはないですね。
といっても、舞台が明らかに私の実家の近くでは無いので、こんな場所もあるのかと新鮮な気持ちになりました。

そして、上田高校。
学校の建物自体は出てきませんが、映画館で「上田高校」と母校の名を連呼されることは、希有な体験。
野球部のユニフォームとかも懐かしいー。

ストーリーも、こう、IT系企業(って今も言うのかな?)で下っ端ながらも働いていると敏感になる、サイトとかインターネットに対する描写も上手で、
「ありえねー!」って恥ずかしくなっちゃうことも無く。

もちろん、非日常な話ではあるんですが、そこは上田の生活観がマッチして自然に見せてる。

中高生はもちろん、大人にも心からおすすめできる1作です。
声優陣も良かったです。


好みでいうと「時かけ」のが上なんですが、
何年たっても思い出すんだろうな、この「サマーウォーズ」は。
上田、六文銭プチブームといい、ノってるな。

ぶっちゃけ、私は地元愛が薄いほうだけど、
映画観終わってすぐに帰省したくなりました。
感想交換会したいです。あーだこーだ。