寂しい(そして女っぽい)本ばかり読んでいました。
気づいたら。

イッツ・オンリー・トーク (文春文庫)
イッツ・オンリー・トーク (文春文庫)
クチコミを見る


引越しの朝、男に振られた。東京・蒲田―下町でも山の手でもない、なぜか肌にしっくりなじむ町。元ヒモが居候、語り合うは鬱病のヤクザに痴漢のkさん。いろいろあるけど、逃げない、媚びない、イジケない、それが「私」、蒲田流。おかしくて、じんわり心に沁みる傑作短篇集。第96回文学界新人賞受賞。十年に一度の逸材、鮮やかなデビュー作。


だめ男オンパレード。
だめ男図鑑。
私はあまりダメな男に会ったことがないから新鮮。

うつ病のヤクザが好きだった。
底辺なんだけど青春な感じがすき。
一気読み!

--------------------------------------

あしたはうんと遠くへいこう (角川文庫)
あしたはうんと遠くへいこう (角川文庫)
クチコミを見る


まじで主人公に共感できない。
でも、どっかではしてるしあこがれてる。そんな本。
基本最低の人しか出てこない。

でもそれでいいんだって感じ。
要所要所で、笑えないほどしんどい時があっても、結局最後に笑ってるっていうか
どっか人ごとにしてる所が良い。

ただ、この帯にもあるとおり、恋におぼれすぎw