sub10001_large


「ジョゼと虎と魚たち」の渡辺あやさんが脚本。
妻夫木君と、「チェイサー」のハ・ジョンウが主演。

爽やかなようでいて、暗い背景をもったお話でした。
面白かったんですけど、何かちょっとだけ物足りない。
それが何なのかは未だにわからないんですが…。

画像は好きなシーン。
「チェイサー」の犯人役とは全く違う演技にひたすらびっくり。
女性向けっぽくみえて、男性が観たらきっと良いのでしょう。

-----------------------------------

シュガータイム (中公文庫)
クチコミを見る


読んだ。
スルスル読めるけど、冷たくて、悲しいけど、あったかい小説。
あとがきに「人生にはどうしても書いておかないといけないことがある」みたいなコメントがのっていて大いにうなずくのでした。