ハミザベス
ハミザベス
クチコミを見る


読んだ。

母親と二人暮らしをしていたまちるははたちの誕生日直前、死んだと思っていた父からマンションを相続する。元恋人の幼なじみや、父の同居人だった女性との奇妙な友情。新しい部屋で重ねる日常。少しずつ自立していく、まちる…。諦念とユーモアをやわらかな会話で紡ぐ秀作。第26回すばる文学賞受賞。


特異なシチュエーションをたんたんと書く。
角田光代、吉田修一と並んで、必ずチェックしたい作家さんの1人になりました。
ハミザベス、とか読んでいったら意味が分かるんですが言葉遊びがすごくセンスあって素敵。

同録の「豆姉妹」も素晴らしかったです。
なんともいえない空白みたいなものがあるなー。
不思議です。