連休を利用して湯河原に行ってきました。
ビバ、温泉。

前菜
かさごの煮付けー
うにいくら丼@湯河原


ほぼ食べ物の写真しか撮ってない。
食べて温泉入ってゆっくり本を読んで、の繰り返しでした。
かなりリフレッシュ。
宿の近くには二・二六事件の跡地なんかもありましたが、
まったく歴史に疎くて、感慨も無く…。
だめだなあ。

ちなみに宿は、「島崎藤村ゆかりの宿・伊藤屋」というところでした。藤村は好きなのでうれしかったです。本を書き上げた後によく訪れていたらしい。料理全部本当に美味しくて部屋も趣あって素敵でしたよ。

------------------------------------------

旅のお供にした本
森に眠る魚
森に眠る魚
クチコミを見る


東京の文教地区の町で出会った5人の母親。育児を通してしだいに心を許しあうが、いつしかその関係性は変容していた。―あの人たちと離れればいい。なぜ私を置いてゆくの。そうだ、終わらせなきゃ。心の声は幾重にもせめぎあい、壊れた日々の亀裂へと追いつめられてゆく。


最初はどういうタイプの話か分からなくて少し疲れたけど
後半たたみかける展開に驚きました。
女性のほうが楽しめると思います。
起こってることは大きなことではないけどホラーちっくというか。

今月は、あと角田さんの本を3冊ほど買ったのでどんどん読んでいくつもり。わくわく。