読んだ。

あおい (小学館文庫)
あおい (小学館文庫)
クチコミを見る


二七才、スナック勤務のあたしは、おなかに「俺の国」と称した変な地図を彫っている三才年下のダメ学生・カザマ君と四か月前から同棲している。ある日、あたしは妊娠していることに気付き、なぜか長野のペンションで泊り込みバイトを始めることに。しかし、バイト初日、早くも脱走を図り、深夜、山の中で途方に暮れて道の真ん中で寝転んでしまう。その時、あたしの目に途方もなく美しい、あるものが飛び込んでくる―。表題作を含む三編を収録した、二五万部突破「さくら」著者の清冽なデビュー作。


かっこいい男と付き合ったことある人なら共感できる部分は多いはず。
かっこいいとは見た目だけじゃなくて。

よく男子は「女の子の言うかわいいは信用ならない」と言いますが
男のかっこいい/かっこ悪い はもっと複雑な気がするんだぜ。

この小説はド青春って感じでもあり、ちょっと暗さもあってよかった。
2話目が好き。