underworld



アンダーワールドビギンズ

試写会で鑑賞。

吸血鬼(バンパイア)族と狼男(ライカン)族の戦いを描いた「アンダーワールド」シリーズの第3作で、両部族の戦いの起源を描く。家族を狼男族に殺された復讐のため、女処刑人となった吸血鬼セリーンの誕生の裏には、セリーンに生き写しの女戦士ソーニャの存在があった……。主演は「ハイウェイマン」「ナンバー23」のローナ・ミトラ。前作のクリーチャー・デザインを務めたSFX界の鬼才パトリック・タトポロスがメガホンを握る。


吸血鬼だから、まっくらな世界観に慣れるまでちょっと辛い(酔う)けど慣れてくると美しさにうっとりです。
ただ、けっこうグロい場面とか多いので衝撃に弱い人はやめたほうがいいと思います。

ソーニャのアクションがもうちょっと見たかったです。
衣装がかっこいい。

けど、日本ではヒットしなそうな作品だなーってのが率直な感想です。
去年ヒーロー物が日本で大ゴケしたように。
ヒーロー物の“くどさ”が苦手なら、なんであんなにジャック・スパロウが流行るんだ…!?
って感じなんですけど個人的には。