日曜にまとめて観たが、面白かった。

トンスラ


誰もが一度は経験する葛藤もてあます自意識とどう向き合うのか?悩める人々に贈る、「ヤブ」という処方箋。
若くしてデビューし、時代の寵児ともてはやされた美少女作家ミカ。順風満帆にみえたが、ある日突然、なぜかパタリと書けなくなってしまう。
ちやほやしてくれた周囲の人々も、潮が引くように去っていく。
そんな時現れたのがハゲた中年編集者ヤブだった!


原作は、しりあがりさんらしい。読みたい。

トンすら


吉高由里子、ものすごくかわいいですね。
ゴス系の洋服も似合ってた。

しかし、松山ケンイチ同様普通じゃない役が舞い込むなぁw