NYへの留学を経て、来年4月から無事ムサビに合格した(おめでとう!)
高校の後輩フッキー君とBunkamuraへ行ってきました。

「ピカソとクレーの生きた時代展」

クレー


私は美術にあまり詳しくないのですが(もちろん好きですが)、
クレーを日本で見れるっていうのはすごいチャンスだそうです。
確かに、色遣いも素晴らしかったし、何より“可愛い”のが素晴らしい。
シャガールとか神秘的でキレイだけど、純粋に不気味だからw

ピカソの絵は悲壮感が全然無い。
なんせ91歳まで生きてるし。
他の画家が、亡命や思想犯として国を追われたり、若くして病死していることを考えると驚異的生命力ですよ。

その後は、ムサビ合格プチ祝いとして居酒屋へ。
彼が出世した際には、シャンパンタワーとゴディバの滝を実現してくれるらしい。
今から楽しみですよ。
5万のマンゴーとか、ひとつぶ千円のあまおうとかで作ったフルーツ盛りも食べたい。
ビバ、バブル。ビバ、悪趣味。

-------------------------------------

あと、これを贈り物してもらいました。

JOJOJ風の私


JOJO風の私。
スタンドがたまらないね。

-------------------------------------

週末に読んだ本は次の記事に書くことにします。
松田龍平さん結婚おめでとう!

「青い春」の彼は死ぬほどかっこいいですよね。
そして、「悪夢探偵2」は怖いだけじゃなくてじーんとします。
結構好きです。私。