椎名林檎ライブに行ってきました。
10周年!

1


一言でいうと「世界観」ですね。
平成風俗とかやっていて、事変でもばりばり活動してて、その路線がは封印したかと思いきや、ステージでは迫力の“病み”パフォーマンスを披露してた。
ステージ上で包丁を持ち出すアーティストは林檎ちゃん以外いないんじゃないでしょうか。

以下セットリストです。

----------------------------
1 ハツコイ娼女
2 シドと白昼夢
3 ここでキスして
4 本能
5 ギャンブル

映像/10年の道

6ギブス
7闇に降る雨
8すべりだい
9浴室
10錯乱
11罪と罰
12歌舞伎町の女王
13ブラックアウト
14茎
15積木遊び

映像/生い立ちなど

16この世の限り
17オニオンソング
18夢のあと
19御祭騒ぎ
20カリソメ乙女 DEATH JAZZ

encore1
正しい街
幸福論 悦楽編

encore2
みかんの皮
新曲

endroll
丸ノ内サディスティック
----------------------------


林檎さんがちょっとでも好きなら、このセットリストのやばさは実感していただけるはず。私が一番好きな「すべりだい」を聞くことができてよかった。本当カップリング?アルバムには入ってますが、まさかやるとは思わなかったです。



もうね、歌詞が最高。真鍋かをりが言うところの“盗撮ソング”(なんでこんなに私の心情を歌にしちゃってるんですか?盗撮してるんですか?的な)

自分を村上春樹だと思っている男並に、自分を椎名林檎だと思い込んでる女は痛いと思いますが、でもでも、やっぱり共感するものは共感なんです。

2


一緒に行った方は前日20,000円のプレミアム席で観て、本当ど真ん中最前列だったらしい。自分のことを「選ばれし者」と感じたと。

3


今日からまたせっせせっせと、林檎ちゃん聴こうっと。
最近とあるCDを聴き過ぎて、難聴になりかけてたので…。
まあ、JUSTICEなんですけどね。