金曜、試写会で「大丈夫であるように −Cocco 終らない旅−」を鑑賞。
こっこ


独自の世界観と存在感で熱狂的なファンを持つミュージシャン、Cocco。沖縄の米軍基地移設予定の海に現れた2頭のジュゴンの姿に喚起された彼女は、「ジュゴンの見える丘」を発表し、同曲を通じて何かを変えようとしていた。そんな折、彼女の元に一通の手紙が届く。それは核再生処理施設のある青森県・六ヶ所村に暮らす少女からのもの。Coccoはその手紙を頼りに、北へ向かい、そこで自分と同じ痛みを抱える人が国内にはまだたくさんいることを知る。そして、美しいものも醜いものも全て胸に刻み、唄いながら、祈りながらCoccoは旅を続ける…。『誰も知らない』の是枝裕和監督がCoccoに密着し、歌手としての彼女の軌跡をたどるドキュメンタリー。


Cocco、相変わらずのものすごい美声。歌唱力、世界観。
ライブシーン素晴らしかったです。テーマがテーマだけに、デートとかにはまったくおすすめしません。一人鑑賞、または同姓の友達とがいいかも。

Cocco、是枝監督が撮影している間、黒砂糖しか口にしていなかったそうです。
ラストの焚き火のシーンで自分の髪の毛をはさみでザクザク切って燃やしている姿を見て、この人は歌があってよかったなーって思いました。
超えらそうだけどw
銀杏峯田とか、会田誠とか、音楽とかアートが無かったら、確実に捕まってると思うんですよねー。

ところで、是枝監督のプロフィールを見ていたら、デビュー作が「幻の光」ってなってて、これは…!と思い、帰ってソッコーで検索したところ、やはり宮本輝原作のこれでした。

幻の光 (新潮文庫)


興味深いわあ。大好きだわー。この本。


-----------------------------------

土曜、「パコと魔法の絵本」を観た。

パコ1


最高だったぜ!!!
泣いた、笑った。
六本木ヒルズでみたんですけど、子供もたくさんいて、ところどころ笑い声であふれててすごく良かった。子供の笑い声って良い。

中島哲也監督のこだわりっていうか、衣装とか内装とかいちいちかわいくて、キャストもぴったりで文句なしな内容だった。
あと、主演のアヤカ・ウィルソン。
かわいいってことは皆さん十分ご存じだと思うけど、動画は静止画の比じゃないです!
かわいいし美しい。声もかわいい。最高だったー。

パコ2


これは、妻夫木&小池栄子。
素敵。
「嫌われ松子の一生」とかの映像に酔わない人だったら絶対に見てほしい映画です。
キラッキラだから。


-----------------------------------

L.S.D


このゲーム、めっちゃ気になる。

KEN ISHIIですか、groovisionsですか。そうですか。
やってみたい!