観たい舞台があったけど、チケット売り切れてる様子。
akumuno

「悪夢のエレベーター」

狭い密室空間“エレベーター”が突然停止して、知らない人間と閉じ込められたら……しかも、その乗り合わせた他人が妙な人間ばかりだったとしたら…? そんなシチュエーションでどんでん返しが連発する、展開が予測不可能な小説が『悪夢のエレベーター』だ。大阪出身で自らも“劇団ニコルソンズ(旧劇団名は “チームKGB”)”を主宰する作家・木下半太による、このコメディサスペンス小説を、たけし軍団のダンカンの演出で舞台化することになった。
 出演は、自ら作・演出する“フキコシ・ソロ・アクト・ライブ”を定期的に上演し映像でも幅広く活躍している吹越満、ここ最近はラーメンズ本公演以外の舞台出演も顕著な片桐仁、そして蜷川幸雄演出作品やダンカンが監督した映画にも出演している中村倫也、映画やCMだけでなく舞台でも活動し注目を集めている高橋真唯。
 小説とは違う、舞台ならではのおもしろさと怖さも加わり、トンでもない展開の連続にゲラゲラ笑わされつつも、意外な事実がわかってくるにつれて背筋がゾーっと寒くなる、そんな体験ができそう。演出を手掛けるダンカンと4人のキャストに、今回の舞台への想いを聞いた。


うーん。おもしろそう。
原作も良かったです。
ギリジンだし。

私舞台は、年に数回見ますが、別に演劇好きじゃないです。
むしろミュージカルとかニガテ…。(なぜ突然歌いだす?)
でも、できるだけ積極的に見たいとは思ってます。映画と違ってその一瞬しかその演技を見れないし、ミスが許されないあの雰囲気を感じたくて、出かけます。ただ、チケットが高いことが多いからきつい…。野田MAPとかまたいってみたいなあ。

---------------------------------------

今週のイケメン。
ハイキングウォーキング、松田。
matuda


やっぱちょっと、病んでる風の男子が好き。
精神がじゃなくて、リアルに病弱そうな男子が…。