・6/7(土)
昔私がいたチームの先輩と1年半ぶりくらいに再会。
「ホタルを見よう」と言われて久我山まで。
そうしたら、街全体なーんも盛り上がっていなくてすぐ退散。
私は自宅近いからいいですが、先輩はかわいそうだったなあ…。
(ホタルみこしとかを期待していたらしい。それはさすがに無いと思う)

その後吉祥寺に行って、大勝軒のつけ麺食べた。
つけめん
Powered by PICS


“辛味”がある分、「やすべえ」のが好みだけど麺がツルツルしてて美味しかった!
後は主に喫茶店はしご。
UFOの話(私はまったく興味無し)や格闘技の話(猪木狂乱)をした。久々に会うというのに、仕事と恋愛という「2大トーク」に一切触れない感じが相変わらず素敵なメンズでした。

その後、渋谷で違う人と飲み。またまたはしご。
沖縄料理屋だったので海ぶどうおかわり。プチプチ。


・6/8(日)

荻窪に、劇団を見に行く。
gokan


とある人格者。
その世界で考えうる全ての良心を総動員していた。
その人物とその人物に関わる人間にとって、
それはとても自然で心地の良いものだった。
ある事件がその人物を侵食するまでは。
何かがその人物を侵し、それまでの表情を奪い去り、
あらたに兇器を与え、周りの人間をも傷つけた。
一個の人間の影響力にしてはあまりにも清くアタタカイ『何か』は、
まるでかたちを変え周りの人間の心を揺さぶった。
人は、人を、どこまで信頼できるのか・・・


この劇団は、何度か見させていただいてるんですが初のシリアス物。
命をテーマに扱っていて、いろいろ考えさせられる作品だった。
ステイル・メイト」という題で、チェスの動きと人間の動きをからめていました。これは、映画「相棒」にもでてきて、1か月の間にこんなに「ステイル・メイト」という単語を聞くとは思わなかった。

舞台が13:00からで、終わって会場を出ると秋葉原の事件が。
当たり前のことですが、舞台以上に命について考えさせられます。