文庫と久々に漫画を購入。

エコノ
『エコノミカル・パレス』

34歳フリーター、「タマシイのない仕事はしたくない」と、年下の同棲相手は失業中。エアコンは壊れ、生活費の負担は増えていく。どんづまりの生活を変えたのは、はたちの男からかかってきた「テキ電」―私はちゃちな恋をした。生き迷う世代を描き、フリーター文学とも呼ばれた著者の転換点となった傑作。


割と暗い気持ちになったけど、読みきった。
>「タマシイのない仕事はしたくない」と、年下の同棲相手は失業中。
というこのくだりだけで、私だったらイライラして憤死してしまいそうです。
でも、こういう人と同棲を続けるのは主人公の優しさじゃなくて、主人公の甘さとか弱さとか依存性だと思った。
そして、水商売の場面が逸脱。

でも、こんなだらしない生活は私は怖くてできないな…。
(私もそうとうだらしないけど)


臨死
『臨死!! 江古田ちゃん』

街角で、酒場で、仕事場で、あなたの隣に猛毒の牙を持つ女性がいるぞ。男と女のこの世界で生き残りたければ、これを読んだ方がいい。
「沈黙の艦隊」のかわぐちかいじ氏も大激賞!!
「時代はエビちゃんOLから江古田ちゃん裸族へ!」ひうらさとる
「とりあえずお姉ちゃんが心配です!」ジョージ朝倉
女性読者の圧倒的支持を誇る超絶4コマ!


マジで爆笑した。
女子の本音系。一番仲いい女友達に会いたくなる本。
でも、勘違いしないでほしいのは、こんな女子もそうそういないと思うw



これでも水商売の場面がある。
フリーターで、まとまったお金がほしいとき、女子は水商売で働ける強さがあって楽しい。
でも、バイト感覚で働くとプロのおねいさんやお客に失礼じゃないのかな?
って思ったりもする。
「警視庁24時」とか「眠らない街新宿」系のドキュメンタリー大好きです。