『アニー・リーボヴィッツ レンズの向こう側』
観ました。

アニー

ドキュメンタリー映画なので、様々な人の証言が加えられているのですが、相当豪華。
『ローリングストーンズ』誌を飾った数々の表紙は圧巻です。
正直この映画だけでは全然物足らない。
もっともっと写真がみたい!

ジョンレノンのオノヨーコの、ベッドの写真は、撮られた後、4、5時間後ジョンレノンが射殺されたらしい。

ヴォーグ誌の撮影の様子とか見ていると、セットやメイクを凝りに凝る“カメラマン”のように見えるが、やっぱ彼女は“写真家”なんだなあと思った。
“カメラマン”と“写真家”の違い、自分の中ではしっかりわかるのだけど噛み砕いて説明できないところが、私が上手に写真を撮れない理由な気がする。
というか最近携帯カメラで食べ物の写真しか撮ってないな…。



アニーの有名な写真で、デミムーアの妊婦ヌードがあります。

デミ

数年前、アメリカの州によっては発売禁止になった雑誌です。
この写真をタブーとする発想の人とは本当友達になれないわ。

こんなに美しいのに。