推敲しない言葉

本・映画・音楽の、推敲しないそのままの記録。

2009年12月

Dr.パルナサスの鏡

試写会で鑑賞。ヒースレジャーの遺作です。

main_large


人々の想像力を操る不思議な力を持つパルナサス博士が、彼の愛娘を狙う悪魔の陰謀に立ち向かうファンタジー。監督はテリー・ギリアム。パルナサス博士にクリストファー・プラマーが扮するほか、ヒース・レジャー、トム・ウェイツらが出演。撮影途中でヒース・レジャーが死去したため、登場シーンごとに姿かたちを変える役に変更し、ジョニー・デップ、コリン・ファレル、ジュード・ロウがレジャーと同じ役を演じる。


テリーギリアム全開の超パラレル・ワールド!!
……と思いきやそうでも無い。

鏡の中の不思議な世界のシーンは、すっごい可愛くて、パコとかチャーリーとチョコレート工場好きな人にはおすすめできます。

でも内容が妙に現実的というか、疲れる感じだったので残念。
ヒースレジャーも相変わらずのぶっとんだ演技でよかったのですが、途中で出てくるジョニーデップが格好良すぎて!

sub5_large


今まで気付いてなかった気持ちっていうか、ジョニーデップ格好良すぎるだろ。服飾専門学校の人とかが、デザインの参考やインスピレーションを受けるのには良い作品だと思いますし、映像には圧倒されたけど、あと1歩何かが自分に合わない映画でした。

しかし、デップは格好良い。

新しい人生のはじめかた

試写会で鑑賞。

T0008088


ニューヨークのCM作曲家ハーヴェイ(ダスティン・ホフマン)は、離婚後別居していた娘(リアン・バラバン)の結婚式に出席するためロンドンに飛ぶ。だが、仕事で頭がいっぱいの彼は披露宴を辞退して帰国しようとするが、飛行機に乗り遅れてしまう。やけ酒を飲みに入った空港のバーで、ハーヴェイは偶然ケイト(エマ・トンプソン)と出会い……。


こっそり泣きました。
すっごい大人の恋。

ダスティン・ホフマンのだめだめな感じ、離婚して短気で酒びたりで。
エマ・トンプソンの自分の殻をやぶれないアラフォー独女な感じが自然で、いっぱい切なくなりました。

プレスシートの中に、タイムズ誌か何かのコメントで「ダスティン・ホフマンとエマ・トンプソンがなぜ一流なのか、これを観れば分かるだろう」と書いてあったけど納得。

ピアノのシーンが大好き。
人間の美しい部分が全てつまった映画です。
2月に公開されるので、素敵な気分に浸ってください。
profile
東京で働く28歳。ライターをしています。

2012年ベストムービー
2011年ベストムービー
2010年ベストムービー
2009年ベストムービー はこちらから。
  • ライブドアブログ