推敲しない言葉

本・映画・音楽の、推敲しないそのままの記録。

2008年08月

神戸コレクション、WIRE084

神戸コレクションみてきました。

神戸


モデルさんたちの美しさ、はもちろんのことスペシャルゲストの“みんな大好き”DAIGOと佐藤健クンがイケメンすぎ吹いたw

佐藤健クンは仮面ライダー電王で火がついたようで、ルーキーズで大ブレイクしたみたいです。すごいかっこよくてかわいかった。私の4つ年下、19歳…。
また、DAIGOはあのウィッシュ!ってポーズをやってくれてだいぶ場を沸かせてた。

しかし、東京ガールズコレクションに比べると客層がおとなしいと聞いた。
神戸だから上品なのか?
資生堂が企業ブース出展してて、マキアージュのサンプルかと思ったらTSUBAKIだったのがちょっとだけショック…。でも使う。


-------------------------------------

WIRE08いって来ました!
10周年おめでとうございます。

wire


04に行ったことあったんですが、すごい人で、ちょっとぐったり!
でも電気グルーヴ見れて感動しました。
8年ぶりのツアー行うとのこと。AXってキャパ足りなくない?

ピエール瀧様の直筆


モンハンのブースもありました。瀧さんの直筆メッセージも。
楽しかった〜。
ただ、朝から動いてたのでイベント2つはしごはちょっと体力を奪われるね。
これからグッスリ寝ます。ぐぅ。

3本立て

MEGの初ワンマンに行きました。

meg


ただのLIVEではなく、“PARTY”と銘打ってるだけあって音楽だけじゃない、視覚も充実したライブでした。
笑いもちりばめられてて素敵だった。追加公演決定してるので、MEGが気になるい人は絶対行くことをおすすめします。
「甘い贅沢」、が好きです。「イケナイコトカイ」をセットリストにみたときは攻めるなー!と正直思った。


-----------------------------------

substance

最近聴いてる人立ち。
substanceという岡山出身バンド。
キラキラ、エレクトロだけど、ロック?
いい感じです。
「がっつり爆音で聴きたい」のと、「BGMでまったり聴きたい」の中間な感じが気に入りました。



-----------------------------------


su-chan


すーちゃん」読みました。

変わらなくちゃ「幸せ」になれないの? お金も美貌も男もない。でも職場じゃ、「さん」づけされる年齢。自分が好きじゃない…かもしれない。異色の4コマ漫画。


本当、「SATC」みたいな負け犬になれない人のほうが圧倒的に多いと思うんですよ。「男なんていらない、女友達とワインとバッグがあれば!」みたいな人より、「出会いもないし、毎日平凡だし、今日も一人で静かに厚揚げ焼こう」みたいな人のが多い。無論私は後者になる確率のほうが高いと思いますが…w

年齢がまだ足りない部分もあって、まだすーちゃんに完全に共感できるわけじゃないけど、お友達のまいちゃんみたいな子がずっといてくれたらいいと思う。
本当にほろ苦くって、クスっと笑える漫画。
(そして、ある意味ホラー)
この絵だから素敵なんでしょうね。

「恋愛ホラー」というジャンル

いろいろとご迷惑をおかけしているわけですが…。
がむばって働きます!

さて、先週末にみたものを記します。

宝船

劇団宝船・第5回公演「愛される覚えはない」

知らない劇団だったのですが(そもそも演劇さほど詳しくない…)、
マッチャーさんのブログで知りました。

おそらく今回も、もはや笑うしかない…つか、むしろ笑えないほどドロドロのギッドギドに偏った狂気の恋愛観が舞台上で大炸裂するハズなので、お時間がございましたら、みなさんもぜひ劇場まで足をお運び下さい。

「私の恋愛事情、これに比べりゃ大丈夫」

的な妙な安堵感、この夏、多いに得られると思います。


本当そう。
めっちゃこええよ。言葉づかい悪いけど、こええ。
ものすごく良かった、この公演。
DVD化したら見たいかも欲しいかも。
愛って時に狂気ですね。登場人物自分のことしか考えてないもの。
「美人は業が深い」と言った先人の言葉にも深くうなずかざるを得ません。

この劇団、次の公演もぜひ行きたいと思います。



------------------------------------------


dmc

みんな大好き、「デトロイト・メタル・シティ」!!

六本木ヒルズで行われた、舞台挨拶に行ってきました。(MDBY)
松山ケンイチ、かっこよかったー。
(私は写真集を所持しているが、そのことを話すとたいていの人が煙たい顔をする。なぜだろう)
ジャギ様役の細田よしひこさんは、キラッキラしてたね。
加藤ローサ、顔ちいさい。

周りのDMC信者に若干怯えつつも、十分楽しめた。
原作よりも下ネタ具合が減ってるからお年寄りからお子様まで安心してご覧いただけるレベルですね。PGとかR指定つかないのねらってたのかな?
ともあれ、私の夏はこれで無事終了したも同然。
今一番愛されているマンガなのではないかな、DMC。
そんでポストDMCだと思うのが、これまたみんな大好き聖☆おにいさん





長嶋有の新作が読みたい。早く買わないと。

好きな女優について。5

好きな女優について。
大人の方じゃなくて、普通の方です。
(最近はきれいな人、地上波に出る人が本当に多くて地雷踏みそうになるなあ)


麻生久美子

麻生久美子さんがずっと好きです。
超がつくほど、ミーハーな私が、高校時代から浮気せず、一番好きだと言い続けてた麻生さん。


その思い続けた、時間に神様はごほうびを与えてくれた!
噛み砕いて言うと、本人にお会いしたわけですが、
本当に好きな人に会うと、意外と冷静になってしまうわけで(きまぐれ☆オレンジロード風)

4年ほど前に、おぎやはぎのDVD発売イベントに行って、友人が「はじめて握手した芸能人が、一番好きな矢作さんだなんて…!」と心を震わせていたのも今なら解る。




贅沢な骨

贅沢な骨

麻生さんは、「時効警察」以外は目立ったテレビ出演がなく、ほぼ映画で活躍されてます。贅沢な骨、いいです。
でも、麻生さんを堪能するとしたら、Short Films デラックス版がおすすめ! YouTubeみていたら、一部があったのではりつけ。


麻生久美子 「Slow is beautiful」このかわいさ!ミニワンピ!




雷がなる休日は、昼間から酒飲んで、ゆっくりDVDでもみようぜ。
そんで、こんな時間にブログ書こうぜ。

a lot of people4

ララピポ


対人恐怖症のフリーライター、杉山博(32歳)。NO!と言えないカラオケBOX店員、青柳光一(26歳)。AV・風俗専門のスカウトマン、栗野健治(23歳)。文芸コンプレックスの官能小説家、西郷寺敬次郎(52歳)。専業主婦にして一応AV女優、佐藤良枝(43歳)。デブ専裏DVD女優のテープリライター、玉木小百合(28歳)。選りすぐりの負け犬たち、ここに集合。最新爆笑小説。



読んだ。
ライトな小説が好きな私の中でもこの作品は超ライト!
ただ、えろい。下流の生活、みたいに帯には書いてあって、どんな下流かと思ってたら、私もちょっと背中押されたら、というか自分の足元崩れたら陥ってしまいそうな下流生活。
本当、ちょっとした心がけだけで日常を保ってるものの、ちょっとずれたらあっちの世界いっちゃうよなー。みたいな。
でも私はしないけどw びびりなんで。

映画化楽しみです。
森三中、村上の大胆ベッドシーン。会社の同僚さんは、ワクテカしてたよ。
村上さんってなぜかエロいですよね。


-----------------------------------------

クローズ


見た。
だいぶ面白い。っていうか山田孝之かっこいい!渋い!
男の子マンガ。
黒木メイサの歌がいらないとみんな口をそろえていいますが、本当にいらない。
ただ、メイサがいるからこそ、男同士の友情の素敵さが際立つのかもしれないよ、と前向きに考えてみる。

ムウ4

読んだ。

ムウ

MW(ムウ) (1) (小学館文庫)


玉木宏主演で映画化するってことで、読んだんですが、
超はまった!
ていうか玉木はまり役すぎ。映画も興味わきました。
残酷な描写より、アッー!的な箇所におののいたけれども。

おすすめします。

GIRL POPにも程がある

おそらくこの夏一番の山であろう、怒涛の土日の記録を記す。

■土曜/
16時頃から、ユニバーサルのイベントで逗子へ。
写真撮るの失念してしまったんですが、海きれいだし、ヨットたくさんあるし素敵でした。
キマグレンの演奏良かった。
青山テルマ、楽曲は特に私生活で聴こうと思わないけど、MC聞くと好きになっちゃうな…。
すっごいかわいいんですって。

その後、東京に戻り「GIRL POP CRAZY」へ。

gpc


女の子ヴォーカルの曲を爆音でかけまくるというイベントです。
レア音源&レア映像見れて楽しかったー。
途中、Gが出るトラブルもあったけど近所の神社でコイバナしたのも良かった。このメンツ大好きです。

5:00くらいに帰宅して、シャワーあびて、気付いたら日曜じゃん!
っつーことで、


■日曜/
ワンフェスに行くため、東京ビックサイトへ。
wf

フィギュアの写真たくさん撮りました

しかし暑かった。そして、エスカレーター逆走という信じられないことがおこり、あわわしました。心配のメールもいただきました。ありがたいことです。


その後、お台場に瞬間移動して、「GIRL POP FACTORY」へ。
gpf


生Perfumeというより、生Perfume“ファン”にびびりつつ、
女の子イベント楽しみました!
女の子ってだけでたくさん優しくしてもらいました。感謝です。
感想はひとこと、かしゆか、かわいすぎる。

あといきものがかりが良かった。ちゃんと聴いてみようと思います。


ちょっと我ながらスケジュースつめこみすぎたので、夜はソッコーで寝ました。でも音楽って聴いてると足痛くても疲れふっとぶんだよなー。
爆音で聴いてると何もかも、ふっとぶ。という大塚幸代さんの言葉よくわかった気がします。

この夏、今後はWIRE行く予定です。
電気のアクトがめっちゃ楽しみっ!
profile
東京で働く28歳。ライターをしています。

2012年ベストムービー
2011年ベストムービー
2010年ベストムービー
2009年ベストムービー はこちらから。
  • ライブドアブログ