推敲しない言葉

本・映画・音楽の、推敲しないそのままの記録。

2008年06月

だれかの愛しい人4

読んだ。

だれかのいとしいひと

「だれかのいとしいひと」

転校生じゃないからという理由でふられた女子高生、元カレのアパートに忍び込むフリーライター、親友の恋人とひそかにつきあう病癖のある女の子、誕生日休暇を一人ハワイで過ごすハメになったOL…。どこか不安定で仕事にも恋に対しても不器用な主人公たち。ちょっぴり不幸な男女の恋愛を描いた短篇小説集。


ゆるーく、確実に暗い気持ちになる小説集でした。
でもなんか痛快なところがあって角田さんさすがだなあ!みたいな。
「最近、角田光代しか読んでなくない?」
ということをたまに言われたりしてますが、正解!

ここでこっそり、私の本購入スタイルを考えてみる。
角田光代・吉田修一・奥田英朗の3名は書店で見かけたら必ず買っちゃう感じ。
村上春樹も文庫化されたら買う。
あとは、三浦しをんとかいしいしんじとか現代作家押さえつつ、店頭ポップで気になるの押さえつつ、現代作家ばかり読むのもなんか嫌なので、月に1度は文豪系をまとめて買う。

とんがった気分の時(世の中なんてバーロー!みたいな)は、オーケンや中島らもとかを読む。

夏は江戸川乱歩の読んだことないのを買う。
化粧品とか洋服とか買って、「女子気分」が盛り上がってる時は、林真理子先生の本を買う。


といった感じです。
角田さんの本は全巻制覇したいけど、コンスタンスに新作を出されているためなかなか追いつけません。



女子気分の時に読みたい最近のおすすめは、


美人の教科書

「美人の教科書」
いただき物です。どうもありがとうございます!
これはコスメのことだけじゃなくて、食事やエクササイズ、ほんのささいな疑問についても書いてあるので飽きずに読めます。

あるいは男性が読んでもためになるかもしれません。
夏って女子はやること多いですよね。
サンダル足痛いし、メイク崩れやすいし…。 そういう苦労を男子がちょっと分かってくれてると萌えます。

でも、あまりにも分かられるとドンビキします。
ドンビキされるくらいなら、気にしないほうが無難かも? なんて。

男子の服装5

どんな男子の服装が好きか?

そう問われた時、私は迷わず「ヒダカトオルの様な服装」と答えたい。

hidaka

シャツも似合うし、

hidaka2


黒アクセもカワイイし、

hidaka3

ボーダーも似合ってるし、

hidaka4

Tシャツとパンツと靴の組み合わせがラブ!





hidaka_l

ダカ様の写真探していたら、こんなのもあった!
  • ライブドアブログ