推敲しない言葉

本・映画・音楽の、推敲しないそのままの記録。

HICK ルリ13歳の旅

試写会で鑑賞。

「HICK ルリ13歳の旅」
original
「キック・アス」「ヒューゴの不思議な発明」のクロエ・モレッツが初の単独主演を務めた青春ロードムービー。アメリカ中西部の荒廃した農村に住む13歳の少女ルリは、トラブルを抱えた両親に相手にしてもらえず、友だちもいない孤独な日々を送っていた。そしてある日、両親が何も言わずに蒸発してしまう。ひとり取り残されたルリは、誕生日にもらった拳銃を手にあこがれのラスベガスを目指して旅に出る。原作はアメリカの女性作家アンドレア・ポーテスのベストセラー小説。共演にブレイク・ライブリー、ジュリエット・ルイス、エディ・レッドメイン、アレック・ボールドウィンら。(eiga.comより)

「HICK」とは「うぶな、かも」という意味の言葉だそうです。変わり者で孤独な少女がバッグ一つでラスベガスを目指すという一見爽やかそうなお話。でも、ふた開けてみたら結構怖い映画でした。ルリの場合はそこはラスベガスだったけど、それが東京に変わっても有り得る、何なら地元で一番栄えてる街、でもいい。ローティン女子の危なっかしさは世界共通です。

ヒットガールからかなり大人になって、キレイになったクロエちゃんですが、「モールス」の美少女! って感じと違って、本作ではかなりお肉がムチムチで肉感的なのです。そんなボディでへそ出しなどかなり露出の多い服を着て、ヒッチハイクで男性の車に乗っちゃうんですから、お母さんハラハラです。

で、ルリがヒッチハイクで知り合う男エディを演じたエディ・レッドメインの怪演がハンパないです。超怖いです。ここ最近の映画では一番怯えました。優しい瞳の裏に浮かぶ狂気がすごい。本当に次に彼が何してくるか分からなくてドキドキしました。12/21公開の「レ・ミゼラブル」にも出てるのでチェックします。

ビッチっぽいんだけどどこか寂しげな美女を演じたブレイク・ライブリーも良かった。肌質とか。あーヘビースモーカーなんだなって想像させる感じの(役ね)くたびれた感じとか最高。

しかしこの映画、テイストとか雰囲気とかはかなり爽やかでポップなんだけど、観終わった後、複雑な気持ちに。「テルマ&ルイーズ」的な感じを想像してると驚くかも。麦茶だと思って飲んだらめんつゆだったくらいの感じ。カルト作です。

大奥 永遠 右衛門佐・綱吉篇

試写会で鑑賞。

「大奥 永遠 右衛門佐・綱吉篇」
poster

よしながふみの人気コミックを映画化した「大奥」(2010)の続編。前作より過去にさかのぼり、ひとりの女将軍に3000人の美しい男たちが仕える女人禁制の大奥がどのように成立していったのかを、TVドラマ版「大奥 誕生 有巧・家光篇」(12年10月〜12月放送)との2部構成で描く。徳川5代将軍綱吉の時代。公家出身の謎の男・右衛門佐(えもんのすけ)が綱吉の夫にあたる御台信平(みだいのぶひら)に呼ばれ大奥に入る。綱吉の側室候補であったが年齢を理由にそれを辞退した右衛門佐は、代わりに大奥総取締役の座を望むが……。主演はドラマ版「有巧・家光篇」の主人公・有巧(ありこと)役とあわせて1人2役となる堺雅人。菅野美穂がヒロインの綱吉に扮する

昔テレビドラマでやってた「大奥」は、THE女の戦い!どろどろ。みたいのが苦手でずっと観てなかったんですけど、再放送でチラっと観たら西島秀俊の色気、小池栄子の怪演、松下由樹の熱演に結構見入ってしまいました。

でも、この映画を観て私はやっぱりこういう「豪華絢爛・歴史絵巻!」みたいなの苦手だわって確信しましたw

2010年に公開された柴咲コウ主演の「大奥」みたいにBL要素も少なくて、女のドロドロも全然無くて、そういった意味では安心したのですが、その分あまり盛り上がりも無くて、印象に残らない作品でした。

悪い意味で印象に残ったのは、クライマックスシーンでの堺雅人の決めセリフ。あれってあれで正解なの? 笑わせようとしてるわけじゃないんだよね? って心から思いました。今も思ってます。

ただ、菅野美穂の迫力。特に年齢を重ねて、老けてきたときの彼女の恐ろしい表情の数々は、いつもの菅ちゃんじゃない雰囲気を味わえて良かったです。クドカンのいつもいじけてる旦那、ビクビク怯えてる要潤、たぬきお化けっぽい西田敏行など脇役陣はgoodでした。

Kiramune Presents リーディングライブ『鍵のかかった部屋』

行ってきた!

Kiramune Presents リーディングライブ『鍵のかかった部屋』
title

声優さんによるリーディングライブは初めてでした。

貴志祐介の原作は未読、嵐・大野くん主演のドラマも未見だったのですが、興味沸きました。
読んでみようかな。

ミステリーなのでどうしても説明が長くなりがちで、朗読劇にはむかないかもしれないんですが、舞浜アンフィティシアター(前ZEDやってたところ)の雰囲気と舞台のセットが合ってて格好良かった。また行きたいなー。

ちなみに、浪川大輔さんは雨男らしく、当日見事に雨でした。

鍵のかかった部屋 Blu-ray BOX
鍵のかかった部屋 Blu-ray BOX
クチコミを見る
profile
東京で働く28歳。ライターをしています。

2012年ベストムービー
2011年ベストムービー
2010年ベストムービー
2009年ベストムービー はこちらから。
  • ライブドアブログ