推敲しない言葉

本・映画・音楽の、推敲しないそのままの記録。

イキウメ「The Library of Life まとめ*図書館的人生(上)」

劇団「イキウメ」の新作、観てきました!

イキウメ「The Library of Life まとめ*図書館的人生(上)」
the_library_of_life_b
日常の裏側に潜む異界を描く、気鋭の劇作家・前川知大とイキウメによる最新作です。劇団結成より今年で10年。10年目の最後の公演は、オムニバス形式の短篇シリーズ「図書館的人生」から、選り抜きと新作を織り交ぜての上演となります。「図書館的人生」では、これまで、「Vol.1 死と記憶に関する短篇集」(2005)、「Vol.2 盾と矛」(2008)、「Vol.3 食べもの連鎖」(2010)、と3作全13本の短篇を上演。ハードSF、スラップスティック・コメディ、オカルト・ホラーなど、カラフルに並べたショーケースであり、実験の場でもある、劇団のライフワークともいえるシリーズです。

開始直後はすぐに世界観を理解できずに戸惑ったのですが、徐々に分かっていくにつれ「どうしたらこんな発想が出来るのだ」と呆然としてしまいました。

今までイキウメの公演は、「図書館的人生 Vol.3 食べもの連鎖」「侵略する散歩者」「太陽」と観たのですが(他作品はDVDで鑑賞)、やはりはじめてみた「図書館人生」の印象が強烈で、今回こうして“まとめ”が観れて嬉しかった。

演劇でも映画でも、何でもこれが正解ということは無くて「結局は好みの問題」って言葉に尽きるのだけど、イキウメの公演は全て私の好みど真ん中クリーンヒットそれでいて驚かされていつも違う発見が出来るので、なんていうか大好きですとしか言えません。

今回登場する「図書館」には色々な人の人生がまとめられた本がたくさん並んでいて、人々はそれを読みながら「こっちの結末のがいいじゃん」とか「終わりはどうなるんだろう」とか色々なことを思う。

もし、自分の人生が書かれた本をそこで発見してしまったら、未来のことが分かってしまうページを開くのだろうか。そして、その本を開いて読んだ瞬間「この本を開いて読む」という記述はリアルタイムで発生するのだろうか。また、自分が死んだときに“無”を感じるのか。でも感じたとしたら、その感じてる存在があるわけで、完全な無ではないのではないか。

そういった、合わせ鏡の様に延々と続いていく疑問がとにかく面白くて、あっというまに時間が経ってしまう。

あ、SF要素もホラー要素もありますが、それらが苦手な人も全く問題ありません。深いのにポップ、“少し不思議”でいて“だいぶ不思議”。でも笑える。そんな言い表せない魅力があって、<下>の公演も今からとても待ち遠しいです。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q

観た。

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』
poster
社会現象を巻き起こした庵野秀明監督によるオリジナルアニメーション「新世紀エヴァンゲリオン」(1995〜96)を、新たに4部作で描きなおす「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」シリーズ第3作。ミニチュア特撮短編「巨神兵東京に現る 劇場版」が同時上映。

『破』を観た時24歳で「このままのペースでいったら、完結するとき下手したら30超えてるなあ」とぼんやりと思ってましたが、本当にそうなりそうですね。待望の続編、『Q』、早速観て来ました。

エヴァ好きだけど決してマニアではない私からすると、感想を箇条書きにすると、

・ポカーン。
・絵がガイナックス臭過ぎて可愛いけど好みじゃない。
・映像超キレイ。
・シンジのダメダメっぷりが復活する(序、破で結構いい感じだったから特にそう感じる)。
・カヲルくんラブ。そして、石田さんラブ。
・ピアノシーンは◎◎。
・マリちゃんの新キャラなのにピンポイントでしか出ないバランスは好き。
・宇多田はやっぱりいいなあ。
・カヲルくんラブ。
・希望は残っているよ、どんな時でもね。←マジで?

って感じでしょうか。

eva3_still01_large
女子待望のカヲルくん回。やっぱり彼は素敵だ。しかし彼が素敵であればあるほど辛いシーンに直面するときの、あの悲しさたるや。

eva3_still03_large
全体的に絵に違和感があった。キャラクターの絵が少しずつ変化していくことに全然抵抗はないのですが、好みの問題で、好みは旧劇場版のほうですね。いつも不憫な目にあってるアスカは今回元気いっぱいです。

eva3_still07_large
映像は超キレイでもちろん格好よかったのだけど、エヴァの動きで「うおおおおお!たぎってきたあ!」ってなることは無かったです。ザッザッザって猛ダッシュするところが少なかったからかな。

すごく気に入ったのはピアノの連弾シーン。私はピアノは一切弾けませんが、弾ける方によるとあの鍵盤の動きはちゃんと正確だそう。すごい、そういうところのこだわりが、大人を夢中にさせる理由の一つなのかもなあ。今のアニメってどれもクオリティ高いけど、きっと細かいディティールにこだわらなかった時代・作品もあるんでしょう。

同時上映の「巨神兵東京に現る」は迫力満点でかなりよかったです。個人的にはこれだけでも劇場に行った価値あり。

しかし、本当にポカーンなストーリーだったんだけど、そのことによってエヴァマニア達の議論は活発となり、続編の公開までにいくらでも語れるんじゃないでしょうか。「ただのエンターテイメント」ではおわらんよ。って感じの姿勢は、さすがだなあと思いました。そんなこと思ってなくて「作りたいものを作った」だけなのかもしれないけどね。



ピクサー本館ビルの名前を「スティーブ・ジョブズ」に

アニメーション会社ピクサーが、本館ビルの名称を「スティーブ・ジョブズ」と名付けたそうです。

無題

http://pixartimes.com/2012/11/06/pixar-names-building-after-steve-jobs/

こちらのサイトに詳しく日本語で載っています。

故人をしのんでピクサーが本館ビルを「スティーブ・ジョブズ」と名付けました - apps!

やっぱりピクサーがやることは素敵だ。ピクサーではないですが、ディズニーの逸話で好きなのは、映画「プリンセスと魔法のキス」の監督に起用された、ジョン・マスカー(「リトル・マーメイド」「アラジン」プロデューサー)、ロン・クレメンツ(「リトル・マーメイド」ディレクター、「アラジン」プロデューサー)の話。

「プリンセスと魔法のキス」は、ディズニーの手描きアニメーション復活の為に、製作総指揮のジョン・ラセターが既にディズニーを退社していたジョン・マスカーとロン・クレメンツを呼び戻して作った記念すべき作品。

退社後、会社は2人のデスクを捨てる様に指示したのに、一部の社員が内緒で保管し続け、2人は再びそのデスクを使ったそうです。

「プリンセスと魔法のキス」は、本国でも日本でもあまりヒットしなかった作品ですが、ストーリーもキャラクターも全部素晴らしいので観てない方にはぜひ観て欲しいです。

プリンセスと魔法のキス [DVD]
プリンセスと魔法のキス [DVD]
クチコミを見る
profile
東京で働く28歳。ライターをしています。

2012年ベストムービー
2011年ベストムービー
2010年ベストムービー
2009年ベストムービー はこちらから。
  • ライブドアブログ