推敲しない言葉

本・映画・音楽の、推敲しないそのままの記録。

ぱすぽ☆と少女時代

少女時代に個人的な恨みがあるわけではないんだけど、「CAルックと飛行機モチーフは、ぱすぽ☆のもんだよ!」と思ったことをここにメモしておく。

少女時代
少女時代


ぱすぽ☆
少女飛行
少女飛行


名曲です。

ヘッドハント/さよなら「シアターN」

今日で閉館する映画館、シアターN渋谷で観てきました。
(観たのは今日じゃないけど)

ヘッドハント
poster

閉鎖されたオフィスに連行され、自由を奪われた6人の男女が体験する恐怖を描いたシチュエーションスリラー。連続殺人犯として投獄されていたトーマス・レッドマンが脱獄し、「レッド社」を設立。社長となったレッドマンは、会社のオフィスに6人の男女を閉じ込める。6人は、レッドマンに罪を着せた真犯人を見つけ出し、レッドマン自身の無実を証明するよう“業務”を言い渡される。5回ミスをすると“クビ(=死)”が待ちうける過酷な状況のなか、自由を奪われた6人は捜査を開始する。

ひとことで言うと「非常にシアターNっぽい作品!」という感じでした。シアターNは個人的に好みの映画ばかり上映してくれる大好きな映画館。ホラー、B級スリラー、グロテスクな作品が多く、水曜日は誰でも1,000円なので、レディースデイとあわせると週に2回も映画を1,000円で観られるという、お財布に優しくて心臓には優しくない、とても素敵な場所でした。悲しいけれど、今日で閉館です。今までありがとうございました!

sub3_large

で、「ヘッドハント」。つまらくなくはないのですが、飛び切り面白いわけではなく、でもキラリと光る部分が多かったりで、もどかしい気持ちになる作品でした。

気絶して気が付いたら手を鎖につながれていて、知的狂犬に翻弄されるというスリラー。こうなると「SAW」を連想するのが自然な流れ。もちろん、ジグソーと違って身元がはっきりしていることや、人体損壊について装置があったりするわけではない部分など、異なるところもたくさんありますが、作品の雰囲気としては近いかな。

その「SAW」(1以外、特に3以降の展開があれだけグダグダだったにも関わらず)と比べると、拉致された男女6人のお互いの関係性がドライすぎるというか、人間の醜い部分みたいのが少なくてサラっとしすぎていた様に思う。身体の身動きがとれなくて、監禁されている場所も分からない、といったかなりの恐怖な状況において、1人の“大きなミス”が発覚した時、もっとその人を責めたり「俺はあいつとは違う、俺だけでも助けてくれ!」と命乞いをしたり、もっともっと取り乱すもんなんじゃないだろうか。「ヘッドハント」は全体的にすべてがドライだったので、もうちょっと人間の描写が深かったらよかったかな。

main_large

そうしたら手にナイフをつけているレッドのキャラクターがさらに引き立って、恐ろしいものになっていたと思う。首切断とか、目つぶしとか、ゴアシーンのショッキングさはなかなかだったので。

sub1_large

冒頭と最後の、“ポップさ”もなんとなく気分を萎えさせる演出で、逃げては捕まるっていうベタなホラー展開はやっぱりハラハラするもんだから、そこはきっちりやって欲しかったです。

でもなんだかんだいって、制作はオーストラリアとのことで、アメリカとか北欧とかと異なる雰囲気は嫌いじゃなかったです。好みか好みじゃないかでいったら好みです。こうした、製作費もかかってなくて、有名な人も出てないんだけど、どこか光る部分を感じる作品って観れる機会自体が貴重なので、シアターNイズムが少しでもどこかに継承されればいいなーって思います。

悪の教典

観た。

『悪の教典』
main_large
目的のためならば殺人もいとわない教師の姿を描いた貴志祐介の問題作を、三池崇史監督が映画化。伊藤英明が主演し、自身初の悪役に挑んだ。生徒から慕われ、学校やPTAからの評価も高い高校教師・蓮実聖司は、教師の鑑ともいうべき表向きの顔とは別に、他人への共感能力をまったく持ち合わせていない、生まれながらのサイコパス(反社会性人格障害)という隠された顔があった。いじめ、モンスターペアレンツ、セクハラ、淫行など問題だらけの学校で、自らの目的を達するため、蓮実は躊躇なく殺人を繰り返していく。しかしある日、ほんのささいなミスを犯してしまった蓮実は、それを隠匿するためクラスの生徒全員を惨殺することを決める。(eiga.comより引用)

伊藤英明って絶対悪いヤツじゃないですか、リアルに。マジック・マッシュルームのことはまあ置いておいたとしても、たまに出るバラエティ番組での立ち振る舞いとかみるにぜんっぜん爽やかじゃないよ。ワイルドで粗暴な感じはプライベートで男友達多そうな感じがするから、もちろん悪いヤツっていうのは“性格悪い”とも違うニュアンスなんですけど。そんな伊藤英明に『海猿』で老若問わない女性たちがキャキャー目をハートにしてるのって「マジで!?」ってずっと思ってましたよ。


↑このCMとか、何か狂気にじみでてません? オンエア当時釘付けになる恐さだったよ。

だからこそ、この『悪の教典』に主演が決まった時は、飛び上がりました、キタ━(゚∀゚)━! って。で、実際やっぱり最高でした!!!! ちょっとオーバーかもしれないけど、『時計じかけのオレンジ』のアレックスなみに、「ここまでハマリ役だともう違う役できないんじゃ?」って感じ。伊藤ハスミンはお気に入りキャラの1人になりました。黒目がちっていうか、ほぼ黒目だから怖いんですね、きっと。伊藤英明様って。

sub1_large
原作は未読なので、映画に関してだけ書きますが、この映画は人によって「グロいのがOK/NG」で評価が分かれるというよりは、「三池作品独特の感じがOK/NG」で評価が分かれる面の方が大きいと思う。私は三池作品ファンなのでかなり面白かったです。最高でした。メッセージ性とか倫理観とかは考えずに、エンタティメントとして楽しむのが一番なのでは。

もちろん何の罪の無い人々(しかも大半が高校生)が殺されていくのは気持ちの良いものではないし、不愉快です。でも『アウトレイジ』だって、何の罪の無……くもないけど、ガンガン人が殺される。けれどそれを「問題作だ!」って騒ぐ人っていませんよね。『ダークナイト』に感化されて劇場で銃乱射なんてことはあってはならないことだし、いくらエンタティメント作品でも、それにのめりこんでよからぬことを考えるヤツは出てくるんだけど、そのテの議論をこの映画に持ち込むのはナンセンスかなあ、と。楽しみましょうよ。楽しめなかったら、それでいいし。実際、途中退出していく人が何人かいたなあ。いいんですよ、それで。合わなかったら出ちゃえ! お金はちょっともったいないけど。

映画本編終わって「ハスミンKOEEEEE!」ってなってる時に、主題歌THE SECOND from EXILE「THINK 'BOUT IT!」が流れるのは、ガクっと脱力するはするんだけど、ここでちゃんと「これはエンタティメントですよ!」と区切れているので、逆に良かったと思います。

とにかくハスミンのキレキレっぷり、台詞まわしが最高で、同じく三池作品の『十三人の刺客』の稲垣ゴローちゃん演じる暴君・松平斉韶もそうなんだけど、そのキャラクターの“狂気”を表現するための小さな演出とか台詞まわしが最高だったなあ。「エクセレ〜ント!」もそうだし、「to die?」とか!

sub3_large
『ヒミズ』カップルの二階堂ふみちゃんと染谷将太くんが出てるってあたりが、超俺得だったんだけど、『桐島、部活やめるってよ』でも良い雰囲気だった浅香航大さん(元ジャニーズJr.なんだ!)、ダルヴィッシュの弟KENTAさん、あんだけ主役・主役級やってるのに意外なモブキャラて登場した林遣都さんなど、キャスティングも素晴らしかったです。あと、吹越満さんと、現時点で日本No.1俳優の山田孝之さんね。山田さんが死ぬ直前の演出とか大好き。一番好きなシーンかも。

sub4_large
高校生なのにアーチェリー部があったりと、大きめの私立高校なのかな?って感じもするんですけど、文化祭の感じは超D.I.Yだったり、吹越満さん演じる生物教師の気色悪い感じ、染谷くんをはじめとする“食えない生徒たち”の描写はかなりリアルで、あ〜学校ってこんな感じだったよなぁって思えるからこそ、殺戮シーンが怖いんですね。

たまたま、私がこの映画を映画館で観たとき、周りの観客の民度が非常に低く、特に後ろのカップルが上映はじまってもずーっと私語してたんだけど(と書くと怒ってるっぽいが、私はこういうの気にならない人です)、ハスミンがロープで廊下にのぼってくるシーンの時にカップルの女性が「……ヤバイ…くる!怖い!」って思わずつぶやいたのは、私も共感しまくりでした。手に汗にぎったよ。

何はともあれ、好き嫌いは分かれる作品だし、原作ファンからするときっと「う〜ん」な部分も多いんだと思うんだけど、個人的には最高でした! エクセレント!







profile
東京で働く28歳。ライターをしています。

2012年ベストムービー
2011年ベストムービー
2010年ベストムービー
2009年ベストムービー はこちらから。
  • ライブドアブログ